Q&Aの回答者として違和感を覚える事 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Q&Aの回答者として違和感を覚える事

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

私はここの質問コーナーのシステムに、以前から少々違和感を覚える事が正直あります。

 

この違和感に付いて、以前或る出来事をキッカケに、私は運営者様に「このシステムは良い面も勿論ありますが、回答する側にモラルが無いと、質問者様や、強いては他の回答者の方にも非礼になったり不快な感じを与えるものにもなりますね?」という事で、数回ご相談した事がありました。

 

ちなみに、これは以前からの会社の方針としてお決めになったシステムな訳なので、私の立場でとやかく言えるものでは無いのかもしれません。

ただ私個人的には、視野の違いと言うか、感覚の違いと言うのがあるという事は正直否めませんし、今でも「違和感」というものは拭えてはいないのです。

 

 

その違和感を感じるシステムというのは

 

「以前に専門家の方が回答されていて、すでに質問者様から高評価を得ているものでも、又何年も前のどんな過去の質問でも、回答されていないものがあれば、積極的に質問に回答する事」を、回答者側に積極的に勧めるシステムです。

 

運営者様側の方針としては「時間が過ぎたものでも、新しい閲覧者の方が参考にできる質問内容でしたら、意義がある」との事でしたが、

 

私はそれ以外に多分、運営者様側の意図として、常に「質問コーナーに活気溢れる様なイメージ」を作る事ができるので、採用されておられるのでは無いかと正直思います。

 

 

ただ、そこに運営者様側には欠けておられる視野がある様に私は思うのです。

それは、質問をされた方への配慮という視野です。

 

 

もし私が質問者の立場でしたら、数ヶ月、或いは一年以上も前の自分の質問に、不自然に答を突然頂いたりすれば「何で今更!?」という気持ちになる事だろうと思います。

そしてそういう印象は、当事者の質問者様だけでは無く、閲覧されている方もきっと持たれていて、その不自然さには、違和感を感じていると思います。

 

 

そういう印象を持たれてしまうと、閲覧される方達から果たしてそのサイトに「質問をしてみたい!」という「良質」なものを感じるだろうか?という疑問が私の中に浮かびますし、

 

又、こういうシステムは、私は個人的にはどうしても、以前にお答えになっている回答者の方達への配慮や、質問者様に対する配慮を考えてしまうので、どうしても馴染めません。

 

 

やはり物事には「旬」というものがあります。

どんなものも、その「旬」を過ぎれば「意図的に作られたもの」「強制的に作られたもの」として、違和感を生じる様になり、人の気持ちは離れて行ってしまうのが自然ではないかな?と、私個人的には感じているのです。

 

 

勿論、私は「旬の範囲内」であれば、専門家の方々の複数回答というシステムは、「質問者様に取っては、分野の違う色々な専門家の方のアドバイスを聞けて、選択肢が広がる意義を感じますので大賛成です」と、運営者様にお話しさせて頂いてもおりますので、

「過去の質問には期限を設けられたらどうですか?」と、個人的にご提案させて頂いた事もございましたが・・・。

 

 

ちなみに、こんな事を感じるのは、多分運営者の方達と世代の違う私だからなのでしょうか?(笑)

私もついに、只の「口のうるさいおばさん」になってしまったのでしょうか?(笑)

 

 

皆で楽しく参加したり、有意義な場として活用できるサイトであるからこそ、どのお立場の方も「不快」な思いにならない様なモラルと配慮を、運営者側と、そして回答者側の私達もお互いに持つ事ができればという思いが、私個人の中には有ります。

 

あくまでも、私個人の意見としてですが・・・。_(_^_)_

(もしかして、こういう事を感じているのは、私の参加させて頂いているカテゴリー内の、私だけなのでしょうか!?)

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年