何故、バレリーナはつま先立ちをするのか? - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何故、バレリーナはつま先立ちをするのか?

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

今回は「何故バレリーナは、トゥシューズという靴を履き、つま先立ちをして踊る様になったのか?」という事をお話し致しましょう。

バレエをされる方の中には、「トゥシューズに憧れて」というのが、バレエをされるキッカケだったという方も多いのではないでしょうか?(^^♪

 

 

その昔、イタリアの貴族の催す宴の中で踊られていたものが発展したのが、クラシックバレエの歴史の始まりです。

その後、イタリアからフランスにそれが伝わり(伝えたのはフランス王と国際結婚した、バレエが大好きだったイタリアのメディチ家の娘カタリーナ)で、フランス宮廷でバレエを流行らせました。

 

 

当時、ルイ14世も大いにこれを気に入り、自ら「太陽王」と名乗り、自らダンサーとしてバレエに出演する様になり、その時に彼の専属バレエ教師をしていたピエール・ボーシャンが、自ら考案した「バレエの5つのポジション」が、今日踊られているバレエの基礎になったのは、とても有名なお話しですね。(^^✿

 

 

その当時のバレエは、所謂「宮廷舞踊」と言われるもので、女性の衣裳は貴族のふんわりとした長いスカートで、足は殆ど見えませんでしたから、上半身の動きが中心なのがバレエでした。(この頃の靴は貴族の履くヒールの有るものでした)

その後、王が年を取りバレエから遠ざかった後に、貴族の娯楽であったバレエは専門的要素が強くなって行き、オペラ座が建設されたり、オペラ座バレエ学校も設立され、バレエが更に発展して行きます。

 

 

この頃から、段々足の方のテクニックも重視される様になり、衣裳も足先を見せる様に丈が段々短くなって行きました。

 

 

その頃に生まれたのが、この「つま先立ち」という技術です。

 

 

最初に「つま先立ち」をして踊ったのは誰かというのは、最近は諸説ある様ですが、

間違いないのはマリー・タリオーニという、今日ではバレエ界の歴史の中のレジェンドの一人として、あまりに有名なバレリーナが、当時初めて「つま先立ち」の技術を極め、大成功を収めたという歴史です。

 

 

それが、現在履かれている「トゥシューズ」という靴の歴史の始まりになりました。《゚Д゚》☆彡

 

 

この「つま先立ち」がセンセーショナルに流行った当時は「ロマンティック・バレエ」の全盛期で、超自然的なものが登場する作品が流行り、妖精などが良く踊られました。

(以前にご紹介した「ジゼル」などもこの時代のもので、妖精ウィリーが第2幕に登場しましたね?)

 

 

では何故、「つま先立ち」がこれほどまでに人々を魅了し続けているのでしょうか?

バレエの美しさは「3歳児でも解る」と言われるほど、素直な感性で見れば「綺麗~☆彡」と誰もが分かり易く、万人に共通する高尚な美しさを感じる舞踊ですね?

 

 

それはきっと、人間が人間を超越した「高尚なもの」に憧れる思いが、当時のバレエの世界に有ったからでしょう。

その "できるだけ天に近づきたい" という思いが、人間が引力に逆らって、最大限 "天" に近づける「つま先立ち」という表現になったのではないかな?と思います。(^^☆

 

だから、クラシックバレエは、誰もが憧れる様な存在、象徴となっているのではないでしょうか?

 

 

ただ最近は、時代も有るのか、このクラシックバレエの「高尚さ」や「品格」を感じさせてくれる踊り手が非常に少なくなりました。

クラシックバレエの本当の魅力は、この「品格」と「知性」に有るので、若いダンサーの方達は、こういう面も磨いて行って欲しいなと、一応先輩として思う私です。

 

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

噂の(!?)レジェンド、マリー・タリオーニ。

この絵は「フローラ(花の妖精)」を演じた彼女です。

 

 

ちなみに、時々バレエを良くご存知ない方の中に、男性もトゥシューズを履いて踊ると思っていらっしゃる方がおりますが、トゥシューズを履くのは女性だけです。(笑)

男性舞踊手の見せ場は、その筋肉量の違いから、女性よりも力強いジャンプや回転力が必要とされますし、そして女性をリフトするなどの役割りがありますから、足元がしっかりとしていなければなりません。

 

 

・・・あ、でも、男性でもトゥシューズを履いて踊る方達がいらっしゃいました♫ (^^♪

それは「トロカデロ・バレエ団」や「グランディーバ・バレエ団」など、男性が女装してパロディバレエを踊る集団の方達です!(笑)

この方達はふざけている様ですが、元は皆プロフェッショナルバレエダンサーで、バレエの伝統や歴史なども良く勉強されている、本格的な基礎を身に付けたプロ集団の方達です。(^^♪

 

 

私はその昔、その道の(!?)先駆者「トロカデロ・バレエ団」が、日本に初来日した時に観た事がありますが、プロの私が観ても大いに笑えるパロディバレエでしたねぇ♫

バレエを知らなくても楽しめますが、バレエを知っていればいる程、もっと楽しめる所があるという、結構深い所があり、当時大爆笑させて頂きました。(^^♫

 

 

何かをパロる場合は何であっても、元々の本物を良く知って、本格的な基礎を身に付けていないと笑いは取れないものですから、或る意味スゴいバレエ団だと、当時思いました。《゚Д゚》!!

女性が男装して踊っても笑いにはならないのに、男性が女装して踊ると笑いになるのは何故なのでしょう?

 

 

それはきっと、女性より体重のある重く固いイメージのものが、引力に逆らって軽やかになろうとする所に、可笑しさを感じるからなのかな?と思いますね。(笑)

軽やかなものが重くなるのは 、(宝塚の様に)カッコ良さは有っても、あまり笑いには繋がらないものです。

(^^♪

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年