電磁波のはなし 3 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

電磁波のはなし 3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
建築的
このところ集中的に図面を書いているので引きこもり気味。
ほとんど歩行すらしていない。
いくつか平行している仕事の締め切りが4日ごとに来る感じ。
さて徹夜明けで図面のデータを先方に送信してとりあえず一区切り。
血がドロドロしてそうだったので、ひと汗かきにウォーキング。
もちろん電磁波測定器を持って。
・・・ところが屋外で測る数値はどこもほぼゼロ。
電柱・電線のそばは少しは針が振れるかと思いきや、微動だにせず。
室内の場合は発生源が人に近いところで集中しているため色々動きがあるということだろう。
空の下には電磁波はほとんどないということか。
さて、先日の土地探しの友人に電話をしてみると、
彼も電磁波測定器を購入し、気になっていた土地を測ってきたとのこと。
結果は、高圧線のすぐ隣の敷地では30ミリガウス、
高圧線から60mほど離れたもうひとつの敷地は5ミリガウス、
ちなみに自動車の中と外でも数値は変わらなかったそうだ。
もちろん、30ミリガウスの土地の方は即却下となった。
さて、5ミリの方をどう判断するか。
僕も電磁波の専門家ではないので、お互いに調べてみようと言うことになった。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「建築的」のコラム