夫婦両方と肉体関係をもった男性の慰謝料 - 民事事件 - 専門家プロファイル

田中 圭吾
オフィスライト行政書士田中法務事務所 代表行政書士
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年08月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫婦両方と肉体関係をもった男性の慰謝料

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件
不倫・浮気・慰謝料 慰謝料請求された側
先日相談されたのは非常に珍しいケースです。


未婚の男性からの相談です。


半年前、彼はサイトで知り合った夫婦両方と関係をもち始めました。


つまり、相手夫婦の夫の方は同性愛者であり、妻の方はバイセクシャルということらしいです。


それで、3人での関係をしばらく続けていたのですが、やがて相談者と夫の方とは関係がなくなりました。


しかしその後も相談者は妻の方と関係を続けていました。


最近になって、相手夫婦は離婚の話しがでてきたようで、夫方が相談者へ慰謝料請求をしてきたのです。


困った相談者は当事務所に相談されました。



不貞行為とは既婚者が異性と肉体関係をもつことです。


このことから、夫方と相談者の関係は法的な不貞行為ではないということになります。


対して、妻側と相談者は異性ですから不貞行為となり、夫から慰謝料請求があれば相談者は支払い義務があるでしょう。


但し、今回の場合、夫も関係を承認していた事情がありますから、慰謝料の金額は通常よりも低額になると思われます。




不倫相談はメールを! E-mail right@ncn-t.net

「不倫慰謝料相談リーガルクリニック」
http://www.ncn-t.net/right

「不倫慰謝料ネット」不倫の慰謝料を自動計算!
http://right.boo.jp

「離婚慰謝料相談リーガルクリニック」
http://www.ncn-t.net/rikon

「法務コンサルタント オフィスライト行政書士田中法務事務所」
http://www.ncn-t.net/kt-co


(注意)

ご相談内容がそのままブログに公開されたり、相談者が特定できるような内容は掲載いたしません。

安心してご相談ください。