木製便座とコルクタイル - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

前川 知子
前川 知子
(インテリアデザイナー)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

木製便座とコルクタイル

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
Wakaba-House
Wakaba-Houseの洗面室の左奥にはトイレがあります。

床は洗面室と同じ濃茶色のコルクタイルで、壁や天井は白塗装。便器の上には間接照明を兼ねたトイレットペーパー収納を設け、仕上げは濃茶のオスモ塗装としました。便器はTOTOのもの。紙巻器はクライアントがこの空間に合わせて購入された「こいずみ道具店」のものをつけました。

クライアントの意向により、この便器には暖房洗浄便座をつけず、木製の便座にしています。
とても美しい形ですし、日本の企業が不得意なレバーの質感も上々です。便座の色が床のコルクタイルと調和し、トイレ空間全体の質感が非常に高くなっていると思います。

最近は、便器に暖房洗浄便座をつけるほうが一般的になってきました。でも、それをあたり前と考えるのではなく、原点に戻って自分たちのスタイルを考えると、自分たちならではの心地良い空間を得ることにつながるのではないでしょうか。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「Wakaba-House」のコラム

バスルームの換気窓(2008/08/24 12:08)

水面が光る白いバスタブ(2008/08/15 23:08)

2人並んで洗面(2008/07/31 00:07)

光の陰影(2008/07/21 21:07)

篭り部屋(2008/07/14 21:07)