2人並んで洗面 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

前川 知子
前川 知子
(インテリアデザイナー)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
右の写真は、ダイニング側からWakaba-Houseの洗面室入口を見たところです。
右側に見える両開き戸の中は洗濯機置き場になっていて、その上には照明を配した飾り棚があります。その左に見える引き戸は、洗面室入口の戸ですが、実はその裏にも収納が隠されています。

洗面室に入ってみましょう。
入ってすぐ左が洗面器。右は壁面のようなリネン収納。その奥の左手にトイレ、右手にガラスで仕切られたバスルームがあります。この水回りエリアの床は、足触りがよく暖かいコルクタイルを敷いています。

白くて四角い洗面器は「 Tform 」の1m幅のもの。質感のいいハンスグローエの混合水栓を2個付け、2人並んで洗面台を使えるようにしました。正面の鏡は三面鏡になっていて、扉を開けると中が収納棚になっています(中央の鏡も開きます)。奥行の浅い収納ですが、かなりの分量の化粧ビンなどがしまえて、とても便利ですね。左の写真のように、三面鏡は、開く角度によって、バスルームやキッチンなど、さまざまな風景を映し出し、不思議な奥行感も演出してくれます。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「Wakaba-House」のコラム

バスルームの換気窓(2008/08/24 12:08)

水面が光る白いバスタブ(2008/08/15 23:08)

木製便座とコルクタイル(2008/08/08 23:08)

光の陰影(2008/07/21 21:07)

篭り部屋(2008/07/14 21:07)