営業をしない営業手法とは3 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
経営コンサルタント
03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

営業をしない営業手法とは3

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営雑学〜私の独り言〜
「営業をしない営業手法とは?」に関しての3回目です。今回と次回で
このテーマで最も重要である営業ツールに関して説明を加えていきたい
と思います。

最初のコラムでも書きましたが、復習の意味で、

<営業ツールに関して>
■名刺は相手にインパクトを与える名刺になっていますか?

■名刺にはしっかりと営業内容などの特徴が記載されていますか?

■会社概要・商品パンフは分かりやすい内容になっていますか?

■訴求ポイントが一目で分かるパンフレットになっていますか?

今回は「営業をしない営業のための名刺」に関して説明していきます。


ちなみに、
・皆さんがお持ちの自分の名刺は、もらった相手に対して充分に印象を
 与えることの出来る名刺になっていますか?

・他社の社員の名刺と差別化できていますか?

・一度もらい、再度見渡した際に、どのような企業かがわかるような
 名刺になっていますか?

この機能が充分に盛り込まれている名刺であれば、現在使用している
名刺で、充分に「営業をしない営業手法」のための名刺になっている
と思われます。

要するに
名刺を渡した瞬間にコミュニケーションが相手の第一声で始まるような
名刺であれば、名刺としての役割を充分に果たしているのです。

それではどのような名刺であれば、その機能が達成されるのか?
■形や形式が変わった名刺
■素材が変わった名刺
■リアルなイラストが掲載されている名刺
■表面が名前だけの名刺
■出身地や趣味や血液型などパーソナル情報が掲載されている名刺

おそらくもっと出てくるでしょうが、この辺にして。

そして、裏面もしくは表面には必ず
■自社の業務内容や特徴が分かりやすく掲載されていること

これが必須条件になります。

最近、いろいろな方とお会いする機会が多いのですが、カタカナの
会社名の企業が多く(弊社もそうですが)、この場合、何をしている
企業なのかが明記されていない場合、見返しても反応しない名刺に
なってしまいます。皆さんもそんな経験、ありませんか?


営業マンにとってコミュニケーションは命です。それが名刺を渡す
ことで、勝手にコミュニケーションがスタートしたとすれば、商品
の話もしやすい環境が作り出されますよね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役

緻密な顧客分析で、デザインも含めた効果的な販売促進戦略を提案

座右の銘は「行動あるのみ」。お客様の販売促進という課題に対し、瞬発力・発想力をもって想定以上の結果をお届けすることを心掛けています。「お客様の幸せが弊社ならびに弊社社員の幸せ」をモットーに、費用対効果に優れた販売促進戦略を提案していきます。

03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営雑学〜私の独り言〜」のコラム

経営者で一句(2010/05/27 10:05)

営業力の弱さについて(2009/04/04 09:04)