手作りのティアラ ☆彡 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

手作りのティアラ ☆彡

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

 

 

上の写真を見て下さい ♫

これは私が手作りした舞台用の頭飾り(ティアラ)です。♔ ~ ☆☆☆  

素敵でしょう? (^^♪~ ♡

 

 

こういう綺麗なものを自らの手で生み出す作業は手間もかかりますけれど、本当に楽しい作業です ♫

バレエの衣裳や頭飾り等は、私は若い時から自分のものは勿論、ゲストの方や生徒達の分も含めて作り続けているので、自ら手作りして来た作品は人生で数え切れません。《゚Д゚》☆彡

私は正式に何かを習ったという事はないのですが、元々手先が器用なのと、感覚が良いのか思いつきでその場で考えながら作っても、殆ど失敗する事がありませんでした。

 

 

衣裳でも頭飾りでも何かを一から作るとなると、勿論コーディネートを考えながら材料の買い出しからしなくてはなりませんけれど、それが又私には楽しい作業なのですね~♫

素の材料が、自分の想像力で一つの創造的な作品やアートになって行くのを体験できる事は本当に素敵な事だと思っております。☆彡

 

 

こういう風に自分の肉体と労力を使って、自発的に(※ここ重要ポイントです!) 何かをする所から、想像力という感性が豊かになって行くのだと、私は自分の人生から実感させて頂くのですね。

 

 

つまりそれは自ら何かを生み出そうという感性の脳、右脳が働くからなのだと思います。

 

 

感性の脳が働く時は「自発的に自ら工夫する事」と「それをキチンと行動に移して実行する事」、そして「それを心から楽しむ事」が一番重要です。

最近は「言われた事だけこなす」とか「言われた事しかしない」怠惰な人間が増殖傾向中(!?)の日本ですが・・・。

 

 

そういう方達に申し上げたいのですが、怠惰さというのはその時は何か自分が楽をした様な気になるのですが、それでは機械的な反応に近い左脳的なものしか使いませんから、知らず知らずご自分にストレスを抱えたり、無感動・無感覚な人間になって行く怖さもあるのですね。

 

あまり皆さんご存知ではないかもしれませんが、頭で「楽をしたい」と怠ける方は、ご自分の事がご自分で尊敬できない=自分を好きになれないというネガティブを心に生んでしまっているのですよ。《゚Д゚》!?

 

あなたの心は真実のあなたを良く観ています。

 

ただこれは頭で考える事と違うので、自覚無く生きていらっしゃる方は本当に多いのですけれど・・・。

(;_;)

 

 

最近は鬱病の方が増えていらっしゃるのも、そういう所に原因があったりするのです。

人間は自分から「与える(創造する)」という事が無いと、心を病んでいくものなのです。 

人間の心とはそういう風にできているのですね。

 

 

ですから自分が落ち込んだ時は辛いのですが、そういう時こそ本当は何かや誰かにご自分のお出来になる事を「自発的に与える」という事が、一番の対処法です。

 

 

この宇宙の法則は「与えた分しかもらえない」という因果の法則(全ての人に平等な法則)が働いています。

ですからご自分のエネルギーが枯渇した時は「自分が与えていないからだ」とお気づきになれる方は幸いです。

 

ここで気を付けて頂きたいポイントは「与えたつもりになっているけれど、実は自分が欲しいものの為の打算的な行為になっている」場合ですね。

これは結局ご自分に与える為の行為になりますから、心は健康にはならないのです。

 

 

 

・・・ん!?  あれ?(・∀・)

 

何かティアラのお話しから、随分と深いお話しになってしまいましたね~。(笑)

書き出した時はそんなつもりではなかったのですが・・・。《゚Д゚》???

 

 

 

でも今回も私の中では自然にこういう流れのお話しになったので、これはこれで善しとしましょうか。(笑)

( ティアラの題と写真に惹かれて入って来られた方は、意外な展開に思われたかもですね~。(笑))

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年