よくある質問 ~シミの種類~ - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

よくある質問 ~シミの種類~

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
スキンケア 最新情報
スキンケアカウンセラーの松原です。
今日もお付き合い下さい。

ご相談が多い事例を掲載させていただきます。


Q.
シミとそばかすの違いを教えてください。

A.
そばかすもシミの仲間です。
わかりやすく言いますと、「シミ」という大きな木があり、その木の中に、枝分かれするように様々なシミが存在します。

シミには以下のようなものがあります

■老人性色素斑…最もポピュラーで、長年浴び続けた紫外線や加齢によって現れるシミです。一般的に
シミと言えば、これを指します。



■肝斑…女性ホルモンの乱れによるシミで、頬・目周り・額などに、太い筆でサッと一線を引いたような形で現れることが多い。30代以降や妊娠中にできやすい傾向にあります。



■雀卵斑(そばかす)…鼻や頬を中心に、点々と散りばったようにできるのが特徴で、遺伝的な要素が強い。子供の頃から見られる場合がありますが、思春期~目立ち始めることが多いと言われています。



■炎症性色素沈着…ニキビや傷などによって炎症が起こった後にできるシミで、自然に消えていくことが多いとされていますが、何年も残る場合があります。日常的に、肌をたたいたり擦ったりする刺激によってできるシミも、これに相当します。

ほかにも、花弁状色素斑・脂漏性角化症などの希少シミも存在します。


ご参考になれば幸いです。

美しく歳を重ねたいと思われる人は、是非今後もこのコラムをご覧ください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。

カテゴリ 「スキンケア」のコラム

日刊美容液新聞創刊!(2015/01/22 13:01)

YAHOO!BEAUTY に記事が掲載!(2014/12/10 12:12)

このコラムに類似したコラム

シミとそばかす ~Yahoo! JAPAN 知恵袋(Q&A) 回答~ 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/31 12:00)

スキンケアクイズ 【シミの種類】 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/05/21 14:59)

「コラムlatte」にて、スキンケア関連の連載執筆を承りました。 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/06/04 15:11)

シミを消すための成分まとめとシミの原因 香月 杏奈 - パーソナルスタイリスト(2016/07/05 19:52)

日本最大級のハウツーサイト「nanapi(ナナピ)」とコラボ!第四弾監修記事が掲載! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/09/16 13:23)