目元の手入れには細心の注意を! - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

目元の手入れには細心の注意を!

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
スキンケア 最新情報
スキンケアカウンセラーの松原です。
今日もお付き合い下さい。


目周りの皮膚は薄いため、手入れで傷みやすい部分です。


まず、アイメイクの落とし方に注意しないと、肌の悩みを増やすことになるでしょう。
最近のメイク料は技術が進み、水や汗などで落ちない強力なものが増えています。

特に、アイメイクを落とす専用のアイメイクリムーバーがありますが、これは注意が必要。
アイメイクリムーバーは、通常のクレンジングでは落とせないメイク用に作られているため、洗浄力(界面活性剤)が強力です。

日常的な使用により角質層の水分を低下させ、乾燥を招くことになるため、目元だけが乾燥するという人は、これが原因になっている場合が多いようです。

さらに、アイメイクが落ちにくいために、無理やりコットンで擦ることでシミになります。
(皮膚は慢性的な摩擦が加わると黒ずむ)

最近は、擦らなくてもお湯で簡単に流し落とせるのものがありますので、活用しましょう。


この逆の、メイクをする際も要注意。

アイラインを引くときに、皮膚を引っ張るとシワの原因になります。

ただでさえ、長年の瞬きにより目周りのコラーゲンが弾力を失い、切れたり伸びたりすることでシワができやすいのに、引っ張る刺激を加えることで、その衰えをさらに加速させてしまいます。

一番良いのは、目周りのメイクは軽いものにする、またはアイライナーを使わない日を作ること。



これらの肌への刺激によるトラブルは、気付いてからでは時すでに遅し…
と、覚えておいてください。


毎日の繰り返しで少しずつ現れてくるため、原因がわかっていない人がほとんどで、その後も続けていき、さらに目周りの悩みを増やしてしまっているのです。


メディアから流れてくる情報は、流行の美容法や最新の化粧品ばかりが目立ちますが、肌への刺激を最小限に食い止めることが、10年後の美肌を左右すると言っても過言ではありません。


美しく歳を重ねたいと思われる人は、是非今後もこのコラムをご覧ください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。

カテゴリ 「スキンケア」のコラム

日刊美容液新聞創刊!(2015/01/22 13:01)

YAHOO!BEAUTY に記事が掲載!(2014/12/10 12:12)

このコラムに類似したコラム

日本最大級のハウツーサイト「nanapi(ナナピ)」とコラボ!第四弾監修記事が掲載! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/09/16 13:23)

シミとそばかす ~Yahoo! JAPAN 知恵袋(Q&A) 回答~ 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/31 12:00)

「コラムlatte」に最新執筆記事【日焼け後のスキンケア】が掲載されました。 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/30 12:00)

Yahoo! JAPAN 知恵袋(Q&A) 回答 ~目周り・目元のマッサージ~ 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/22 12:00)

毎朝、素肌チェックをしてますか!? 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/06/30 11:53)