短期金融資産+国内株式+国内債券+外国株式+外国債券外ポートフォリオ - 投資相談全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

短期金融資産+国内株式+国内債券+外国株式+外国債券外ポートフォリオ

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 投資相談全般
資産運用の原則 資産配分(アセットアロケーション)
前回は、国内の短期金融資産と株式・債券のポートフォリオに、外国株式を加えた場合の期待リターンを説明いたしました。
今回は、そのポートフォリオに外国債券を加えた場合の期待リターンとリスク(標準偏差)を紹介します。

外国の債券の多くは日本国債よりも利回りが高くなります。
2014年5月30日現在の主要国の長期国債利回りは下図の通りです。上段は償還期限10年の利回り、下段は償還期間2年の国債利回りです。

140531主要国債利回り推移

見てお分かりの通り、米国FRBや欧州EUBも金融緩和を行っていて、利回りは低いのですが、日本の10年国債の利回りは、それに輪をかけた異常な低さです。

従って、外国債券をポートフォリオに加えることで、債券部門としての期待リターンの向上とリスクの低減が図れます。

外国債券を加えた際の、短期金融資産20%、日本株20%、国内債券20%、外国株式20%、外国債券20%の資産配分に基づく、ポートフォリオの期待リターンは3.5%、リスク(標準偏差)7.9%になります。(イボットソン アソシエイツ ジャパン社のFP PoPSにて試算)

この場合、単年度の成果の最悪の場合には、コストを考慮しないで、最大12.3%の損失が出る可能性があります。前回紹介した、外国債券を含まない資産配分の際には、期待リターンが4.0%で、リスクは8.5%でしたので、期待リターンは0.5%下がりますが、リスクも0.6%下がりました。ただ、リスクの抑制効果が、前回に比べ小さくなっています。

これは、外国債券と外国株式は、債券と株式が持つリスクに、外国為替の為替リスクが加わるからです。今回のシリーズで説明している期待リターンは全て円換算のものです。

140531円ドル・円ポンド・円ユーロ推移

前回も、提示しましたが、為替は下記のように変化の大きなものです。
グラフは2013年9月30日から2014年5月30日の円・ドル(紫色)、円・ユーロ(黄色)、円・ポンドの騰落推移です。11月から年末にかけて円はポンドとユーロに対して10%安く為っています。その後もポンドは円安を保っていますが、ユーロは5月に円高方向に振れています。


このように、為替の変化が大きい中で、外国債券の利回りは、株と比べると相対的に低いので、収益率も低くなります。ましてや現状は国際的にバブルと称されるほど低金利政策が取られています。それを考慮して、資産配分に組み入れください。

FP学会会員
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー
オフィス マイ エフ・ピー 代表 吉野 充巨

FPプラス投資助言で人生設計から資産形成まで一貫してサポート
保険や投資信託を販売しないファイナンシャル・プランニングの専門家。
あなたのセカンドライフ・プランに適した期待リターンとリスク許容度で資産配分とポートフォリオ構築をあなたに適した口座の開設から銘柄選定までサポートします。

【保有資格】
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP®
日本証券アナリスト協会認定 プライマリー プライベート・バンカー

『このコラムは、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべて読者・ご相談者ご自身に帰属いたします。投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者・相談者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用の原則」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

料金
20,000円

様々な実証研究によれば、資産運用の成果の91%は資産配分(アセットアロケーション)によって決まると報告されています。
あなたのリスク許容度に応じた資産配分や、期待するリターン等による資産配分を測ってみませんか。
明日からの資産運用に役立ちます。

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

このコラムに類似したコラム

長期保有対象の株式や投資信託の歴史概観 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/08/24 17:54)

8月第3週のマーケット日本株反発続かず周回遅れに 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/22 16:48)

5月6日為替は円高へ 先進国・新興国株価指数・国債利回り・商品先物価格週間騰落率 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/08 16:00)

4月29日先進国・新興国・TOPIX年間推移 株価指数・国債利回り・商品先物価格月間騰落率 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/04/30 18:19)