耐用年数−物理的耐用年数 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐用年数−物理的耐用年数

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家の寿命を科学する
今まで、「住宅の寿命」という言葉を使ってきました。
生物でない住宅に、比喩的に「寿命」と言いますが、これに相当する用語で、「耐用年数」があります。

耐用年数には色々な意味がありますが、ここで重要なのは、「物理的耐用年数」と''「機能的耐用年数」''です。


「物理的耐用年数」は、老朽化して家が傷み、使えなくなることを言います。
前号で述べた「老朽化で建て直す」状態です。
そして、ちゃんとメンテナンス(手入れ)をしていれば、そう簡単に物理的耐用年数に達することはない、と言うことを述べました。

ここで、大地震などの災害で壊れる場合は、耐用年数とは意味が違います。
新しい家でも耐震的な性能が不足していれば倒壊する恐れがあるし、古い家でも耐震補強で倒壊を防ぐことは可能です。

「老朽化のため建て替える」と言っていても、物理的耐用年数(老朽化の改修が不可能)ということではなく、修繕に大きな費用がかかり、それだけの修繕費を出すだけの価値が認められない、という意味であり、次に述べる「機能的耐用年数」をさす場合が多いのです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

カテゴリ 「家の寿命を科学する」のコラム