預貯蓄の仕方 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

池田 弘司
ひめじいけだドットコム 代表
兵庫県
生命保険アドバイザー・ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

この手を話題はなかなかつきないようで、実に奥深いですね。

人って何に対してお金を使うか? といいますと、ほとんどの場合、

自分にとって心地の良いもの

ではないでしょうか。

それは 【食べること】 であったり 【身につけるもの】 であったり、

実に様々です。

 

その反面、心地よくないものは、【税金を払う】【保険料を払う】【預貯金をする】

といった、

  • 直接自分に返ってこないもの
  • 返ってくるかどうかわからないもの
  • 返ってくるけどかなり先の話

など、我慢を強いられ不満に感じやすいものです。

 

しかし、それが自分の将来のためと分かっていても、なかなか出来ないものです。

 

こんな実験があります。

     保育園児の目の前のお皿におやつが入っています。

     先生が少し離れている10分間、我慢することができたら、もう1皿もらえます。

     しかし、ほとんどの園児は、待つことが出来ずに手をつけてしまいました。

またこんな実験も…

     ここに1万円があります。

     今、1万円をあげることができますが、1年後なら1万1000円であげることができます。

     どちらを選びますか?

     ほとんどの方は、目先の1万円を選びます。

     待てば金利10%でお金が増えているにもかかわらず、です。

今の金利は0.03%などですから、かなりの高金利です。

つまり、人は目先のことを優先しがちなのです。

 

確かに目先も大事ですが、それだけではだめなんですね。

長期的なことを見据えた上で、目先を頑張ることが大事です。

 

つまり、収入からまず将来のための積み立て 【保険】【預貯金】をしてから、

日常生活に関わることに支出し、余剰したものはその他の方法で殖やすことを考えるのが、

最もリスクが少ないのではないでしょうか。

 

強制的に積み立てに回してこそ、今まで【理由付けしてまで支出してきた】事柄に関して、

ムダな支出と認識できるものと思います。

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

『収入に満足』48% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/09/06 11:00)

「家計の貯蓄率、上昇へ!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/08/28 15:29)

50代から考える退職後の生活 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2015/01/07 18:14)

貯蓄を増やす3つのコツ 小野寺 永吏 - ファイナンシャルプランナー、ライター(2014/07/18 10:06)

介護保険いよいよ負担アップに 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2014/06/19 10:42)