共働き望む男子 5割に留まる - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

共働き望む男子 5割に留まる

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、

渡辺です。

 

日本経済新聞の記事によると、

就職活動中の大学3年生らを対象とした調査で、

結婚後の夫婦共働きを望む女子が7割を超える一方、男子は5割に留まることが、

就職情報誌マイナビと法政大キャリアデザイン学部の共同調査で分かった。

 

政府は『女性の活躍推進』を訴えるが、

共働きに対する大学生の男女の意思差は小さくない。

調査に携わった同学部の梅崎修準教授は

『男子は女子と比べて保守的といえる。』とみている。

 

結婚後の望ましい働き方について『夫婦共働き』と答えた学生は、

女子の75.6%に対し、男子は54.7%。

男子は『主に自分の収入のみで生活』との答えが44.3%と続き、

女子は『主に相手の収入のみで生活』とする専業主婦志向が22.9%と2番目に多かった。

 

『主に自分の収入のみで生活』を選んだ男子に理由を尋ねると、

『結婚相手にはいえる守って自分や家族を支えて欲しい』が34.4%と最も多く、

『結婚相手には家事や子育てに専念してほしい』も30.7%あった。

 

共働き志向の女子は理由として、

『仕事を続けることが生きがい』(23.0%)や

『一方の収入だけでは生活できない』(18.7%)との回答が多かった。

 

 結婚相手に働いてもらうかどうかにつきましては、

世代により考え方が違うこともありますし、

実際に働いてみた後からも、

あるいは、結婚を機会に考え方が変わることもあります。

 

お互いがいい関係であり続けるためにはどうすれば良いのか、

お互いに話し合って決めることになります。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

リアルビジョン 渡辺行雄

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 新社会人のためのカンタン家計管理術(家計診断、提案書付)

家計管理のポイントを分かり易く解説しますので、今日からカンタンに家計管理ができるようになります。

料金
10,000円

年間に最低でも、50組以上の家庭の家計簿診断を行っているファイナンシャル・プランナーが、すぐにできる家計の管理の仕方を分かり易くアドバイスしますので、今日からお金が貯まるようになります。

新社会人限定!

新社会人のためのカンタン家計管理術(家計診断、提案書付)

このコラムに類似したコラム

結婚式費用343万円 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2012/10/27 09:27)

未婚者の結婚・家族に関する意識 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/31 10:00)

日本人『生活に満足』40% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2011/06/01 18:08)

ビジネスパーソンのランチとお弁当女子 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/09/16 09:00)

結婚20年を迎えて ~夫と妻とは別人格~ 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/30 12:38)