家の価値を高める方法 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家の価値を高める方法

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般

阪神間には名は知られていませんが、数寄屋普請の名建築が数多く残されています。中には国宝級の名建築もあるのですが、それが今危機に瀕しています

数寄屋普請の殆どが築後数十年を経過し、建て替えの時期を迎えているのです。数寄屋普請でもメンテナンスは必要ですが、所有者の代が変わり経済的な事情もあってか、安易なリフォームで建物の価値が失われています。

リーフォームで見た目は小綺麗になっても、そこには数寄屋普請で培われた芸術的価値がありません。
ほんの数年もすれば、リフォームした箇所も古びて、価値のないただの古家になり果てます。
こう云ったリフォームは文化の荒廃に他なりません。

お金を掛けて、贅沢な材料を用いてリフォームすることを勧めているのではありません。
利休の茶室として知られる妙喜庵の茶室待庵を見ましても、贅沢な材料は一切使っていません。どこにでもある平凡は素材でも組み合わせ、人が工夫を凝らす事によりお金では推し量れない無限の価値がうまれるのです。

そこには、その家に対する文化的な思想が必要なのです。別な言い方をすれば様式とか伝統とか文化に根差したデザインが要求されるのです。
それらを踏まえて、リフォームすることで既存の建物の価値を高め、古くなっても味わいが増す家になるのです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

病室の家具 吉田 武志 - 建築家(2013/08/02 22:39)

地震予知 森川 稔 - 建築家(2012/10/23 16:55)

設計が必要?リフォームを頼む8つのポイント 三竹 忍 - 建築家(2012/10/21 14:19)

家具のプロフェッショナル 森川 稔 - 建築家(2012/08/28 10:43)

子育て 森川 稔 - 建築家(2012/08/08 11:53)