キャッシュフローを考えない起業は危険 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

キャッシュフローを考えない起業は危険

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 この2、3年、スマホ向けアプリ開発の会社が多数誕生し、あっという間に撤退するケースが増えています。起業の多いビジネスとしては、美容院、居酒屋と並んで、アプリ開発は多産多消滅型のビジネスです。何故、そんなに簡単にアプリ開発での起業は失敗するのか、不思議に思う人も多いと思います。

 これは、アプリ開発ばかりでなく、部品製造でも、ホームページ作成でも、建築関連の下請会社でも、よく起こっている現象です。起業する人の頭に、キャッシュフロー対策がまったくないことで、簡単に失敗する会社が多数出ます。アプリ開発の場合は、学生や副業の人が多いことが命取りの原因です。

 問題のキャッシュフローですが、お客さんから注文を受けアプリ開発を完成させるまでには、数カ月の時間を要します
。この間、経営者とスタッフの給料や会社の経費はかかります。しかも、納品してもお客さんからの支払いは、翌々月末払いなんてことを言われますと、小さな会社は簡単に資金がショートします。


 アプリ開発の業界は、参入することは簡単ですが、そこでビジネスを継続することはたいへんです。仕事を受注してから、半年間は入金なしなんて恐ろしいことが日常的に起こる世界です。部品製造や建築関連の業界では、このような失敗を繰り返してきて、キャッシュフローを考えて起業するようになっています。

 ホームページ作成やアプリ開発は、市場が生まれて日が浅いことから、キャッシュフロー問題による失敗は今も続いています。個人顧客が相手のビジネスは、売れ行きにバラつきはあっても、販売すると直ぐに入金されます。企業が相手のビジネスの場合、キャッシュフロー問題がついて回ります。

 起業する前に、この問題をクリアする方法を考えておかないと、過去の失敗した起業家と同じ道を歩むことになります。こんな事例があるから起業を諦めるではなく、アプリ開発と同時に他の日銭の入るビジネスを行うとか、何かしらビジネスの継続を考えながら起業に取り組むこと。真剣に考えると、何かしら解決策は見つかるもので 今日も読んで戴きましてありがとうございます。

このコラムに類似したコラム

官僚には言われたくない、起業リスクを取る取らない 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/04/23 20:37)

準備不足による起業の失敗は後を引きます 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/04/22 20:49)

最強の営業ツール、営業の切り札 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/11 20:40)

起業アイデアを生むための努力をするなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/07 20:48)

いじめ社会が起業に大きな影響を与えてる 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/02 20:29)