FA移籍ってどうなんでしょうね。 - Webマーケティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

FA移籍ってどうなんでしょうね。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Webマーケティング全般
徒然

一応仕事が納まったので、休みモードの小坂です。

 

今日は暇つぶしに、プロ野球のFA移籍について、調べていたので、

全然関係ないけど、ここに書きます。(笑)

 

FAというのと、私の関心事は下記です。

・本当にFAでとるような価値がある選手を取っているのか?

・FA>その補償(人的+金銭) となっているのか?

・FA宣言で選手を取るのって正しいのか?

 

では、まず最初のテーマ。

FAで補強して強くなることは往々にありますよね。

FAで成功した選手というと、落合、清原、工藤、小笠原等、巨人移籍の例が浮かびます。

工藤は2度のFA移籍+人的補償での移籍いずれも移籍先のチームに多大なる貢献をしていますね。

ミスターFAとは工藤のことでしょう。(笑)

他には谷繁、金本、稲葉、和田、内川、相川のように移籍先で大きな貢献をして、優勝請負人になったり、

チームの顔になっている選手もいますね。

これらの選手の共通点は、もともといたチームの主力中の主力(稲葉は脇役でしたが)だったことが多く、

移籍で花開いたというわけではないです。

このようなそのチームでチップ3に入るような選手を取ることが成功の秘訣なんでしょうね。

 

逆に失敗例としては、

山沖、石毛、仲田、山崎、星野、川崎、若田部、野口(中日)、野口(阪神)、橋本、森本、小林宏などでしょうか?

石嶺も期待の割に今一でした。

こう見ると、

・オリックス→阪神は鬼門ですね。(山沖、星野、石嶺)

・ベイスターズはへたくそですね。。。。(若田部、野口、橋本、森本) 成功例が駒田ぐらいでしょうか?

そもそも、成績が下降気味の選手が多いとも言えます。

 

次に、

・FA>その補償(人的+金銭) となっているのか?

これはおもしろいです。

明らかにそうなっていない失敗例は、野口対小田、門倉対工藤ですね。

成績もその後の現役年数もそうです。

他にも豊田対江藤、河野対川辺なんかも「>」にはなっていないですね。

この4例はいずれも巨人の獲得例です。

巨人に入って成長したFA選手は少ないこととと、

巨人は選手層が厚いのでプロテクトから外れた選手にいい選手が多いということも言えますね。

工藤と江藤は元FA選手です。

話はそれますが、FAで移籍したのに、その後補償選手になったのは工藤、江藤、藤井といずれも巨人です。

人的補償は戦力のバランスをとることや、FA獲得の乱発を防ぐ抑止力にもなっています。

一流選手以外をFAでとる場合は、戦力の足りないところをピンポイントで補うぐらいにするべきですね。

また話がそれますが、FAで移籍した選手と人的補償選手両方がハッピーな例もいくつかあります。

新井対赤松、和田対岡本、石井対福地、村田対藤井なんかがそうですね。

赤松・岡本・福地・藤井は獲得球団の主力になりましたからね。

 

 

・FA宣言で選手を取るのって正しいのか?

最後にこれですが、金本・小笠原・内川などを見てもわかるように、

大活躍する選手はその前も大活躍でした。

失敗する選手は落ち気味だったり、不振であることが多いです。

なので、FA宣言しても、よほどいい選手でなければ、取るべきではないですし、

安易に選手を取ると、FA宣言した選手は自業自得でいいですが、

獲得したチームが損することも結構あります。

2013年の8名に当てはまるとどうですかね。

勝手ながら私の予想。

・小笠原(巨人→中日)は最後の花を咲かせ、まあ成功例になるんじゃないでしょうか?

・山崎(ソフトバンク→オリックス)は微妙ですね。でも守備は計算できるので、失敗とはならんでしょう。

 過去の捕手獲得の失敗例(野口・橋本)は怪我と守備が原因だったと思いますし。

・久保(阪神→横浜)はどうなりますかね。最近横浜はFA失敗続きなので、失敗しそうな。。。

・大竹(広島→巨人)は失敗例になりそうに思います。分厚い巨人投手陣のローテに入れなければ中継ぎですが、

 そのタイプではないし、一岡がブレークしそうに思います。

・中田(中日→ソフトバンク)も失敗になると思います。二ケタを勝てない選手のFAは成功例がほとんどないです。

・鶴岡(日本ハム→ソフトバンク)はまあまあの結果でしょうか?守備型捕手ですからね。

・片岡(西武→巨人)は微妙ですね。最近怪我がちですし、ピークは明らかに過ぎています。

 人的補償が誰になるかによりますが。

・涌井(西武→ロッテ)はばくちですね。(笑) FAで復活という例は片岡や駒田ぐらいしか例がないですしね。

という感じで、今年のFAは移籍先に多大な貢献をする人があまりいなさそうに感じるのですが、どうでしょうかね。

 

最後に余談ですが、1997年の吉井以来続いていた、FAでのメジャー挑戦が2013年ついにとだえますね。

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「徒然」のコラム

電通デジタルの記事を見て(2016/04/20 11:04)

IT時代の連絡手段(2016/04/18 18:04)

このコラムに類似したコラム

値引きに頼らない! 袴田 剛史 - Webプロデューサー(2013/10/01 16:45)

5-1 効果測定の考え方 鈴木 健一郎 - マーケティングプランナー(2012/01/26 14:13)

4-12 具体的施策の検討 鈴木 健一郎 - マーケティングプランナー(2012/01/25 18:00)

4-11 ページ開設とカスタマイズ 鈴木 健一郎 - マーケティングプランナー(2012/01/25 15:17)

4-8 実行計画 鈴木 健一郎 - マーケティングプランナー(2012/01/22 14:56)