piyoさんちの家計診断(その4) - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

羽田野 博子
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役/(株)アドバイザーズIFA
千葉県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

piyoさんちの家計診断(その4)

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
家計管理 家計改善ビフォー・アフター

piyoさん 39歳会社員 夫42歳会社員、子14歳、11歳、持ち家


《アドバイスその4》


その1:https://profile.ne.jp/pf/fp-hadano/column/detail/5083
その2:https://profile.ne.jp/pf/fp-hadano/column/detail/5177
その3:https://profile.ne.jp/pf/fp-hadano/column/detail/5339

piyoさんちの家計診断も今日が最終回です。

○貯金に関して
すべて郵便局の定額貯金というのは考え物です。確かに普通預金だと下ろしてしまいそうで、と言うのもわかりますが、それでしたら、1ヶ月定期や3ヶ月定期にしましょう。
今は金利が低い時期です。定額貯金は固定金利で預けた時の金利が10年間続くと言う商品です。
金利が高くて、今後下がりそうなときにこそ有利な商品で今は不利。
(もっとも、6ヶ月ごとにすべてを預けかえると言うなら問題ありませんが。)

一ヶ月定期や3ヶ月定期であれば満期の都度新しい金利が適用されます。
また、老後資金としての準備や5年以上使う予定のない資金でしたら、投資信託などを考えるのも一案ですね。

○まとめ
非常にしっかりした考えを持ってやっていらっしゃることが想像できます。
今は繰り上げ返済をしようと思わず、貯金を増やしていきましょう。
あれもこれもとあせらず優先順位をつけて、こつこつ積み立てていけば大丈夫ですよ。
今必要なのはこころのゆとりだと感じます。収入が減ってたいへんな時期は家族が協力して乗り越えるいい機会です。お子さんたちもある程度大きいので、電気代や、携帯などの節約を協力してもらうといいですね。