起業では既存企業に負けないサービスを - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業では既存企業に負けないサービスを

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

 落語の世界では、相当考える速度の遅い与太郎が古道具屋を開業したり、遊び好きの若旦那が唐茄子屋を始めたり、起業にまつわる話はけっこうあります。江戸時代は、何か思いついた商売で看板を上げると、江戸市民はけっこう面白がってお客さんがついたと言います。

 現代は、起業しても、お客さんが店主を育てようなんて余裕はありません。他に比べて、少しでも価格が高かったり、商品知識が劣っていると、ほとんどお客さんは集まってくれません。開業したその日から、勝負は始まっていると思ったほうがよいです。

 今は、とても起業が難しい時代です。わたしが考えるに、15年ほど前までは、世界第二の経済大国として国民の給与が高く、購買力も高かったですから、多くの会社が食べていけました。その後、徐々に経済のパイが小さくなっていて、ビジネスの競争が激しくなっています。

 当然、新規の会社が参入する余地は狭くなっています。この狭い中に強引に入っていくのですから、競争はますます激化します。しかもこれまでは、物価の下がるデフレ経済でした。大手企業が規模の経済で、大量に仕入れた安い商品を売りますので、ますます小さな会社の仕入れでは売れません。

 わが国は外国に比べ、起業のための環境が整っていないといわれます。銀行が起業家に資金を貸すことはありませんし、会社設立のための費用が高く、設立にかかる行政手続の日数も長い国です。第一、起業することが、社会のためになることを、多くの国民は理解していません。

 今後、わが国の雇用を増やすためにも、需要を高めるためにも、起業の必要性は高まってきます。会社を設立して仕入れをすることで多くの費用がかかりますし、従業員を雇いますと失業者が減ります。時間はかかりそうですが、既存企業に負けない新たなサービスでお客さんを増やしましょう

【一言】
 日本経済はこの20年近くほとんど成長していませんから、国内総生産の約500兆円のパイを取り合っています。もし、起業して収益を上げようとするなら、既存企業の収益が少なくなってもらう必要があります。そのためには、既存企業を上回る魅力あるビジネスを、お客さんに提供しなくてはなりません。厳しい起業環境の中で、魅力あるビジネスを考えて、お客さんに知ってもらうことです。


このコラムに類似したコラム

中高年、シニア、年配者の起業が日米で増加 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/15 20:21)

自然災害に弱い場所での出店 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/27 20:34)

出店場所を探すためのキーワード 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/08/17 20:25)

便利屋開業での一番のに悩みは 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/08/01 20:36)

開業が目的になって、その後のことまでは・・ 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/07/22 20:52)