他人と自分との違いをよく知った上での起業 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

他人と自分との違いをよく知った上での起業

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 山本太郎参議院議員が、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡して話題になっています。この山本さんの行動を知って、起業したなら間違いなく失敗するタイプと思いました。当人は、福島原発の現状をあれこれ考え、彼なりに考え抜いての行動でしょうが、天皇がこのような政治利用に反応するわけがないからです。

 天皇を中心とするわが国の皇室は、1500年以上に渡る歴史を、常に時の権力とは距離を置いて生き抜いてきています。太平洋戦争の時のように、軍部や政権に利用されたときは、皇室にとって存亡の危機を迎えたときでした。どんな考え方を持つ人であっても、天皇は平和と国民の合意がなければ動かされることはないです。

 山本議員には、自分がとても義憤を感じているのだから、他の人も義憤を感じるだろうと言う、勘違いがあったように思います。わたしが起業をしようとしたとき、最初に忠告してくれた経営者の言葉は、「他人と自分との違いを知ること」でした。この言葉、最初は意味が判りませんでしたが、その後何度も教えられました。

 自分が良いと思っていることを、他人も同じように良いとは思ってくれません。自分がこれは売れると思ったモノが、他人に欲しいと思われないことは珍しくありません。この独りよがりの勘違いが、起業においては失敗の大きな原因になります。しかも、この失敗を犯す人は決して少なくありません。

 人を従業員として雇った時、自分ならこのようにすると思っていることを、従業員が同じように思うとは限りません。逆に、経営者の思いなどほとんど通じないと思ったほうがよさそうです。独りよがりで思い込むよりも、少しでも他人と意思疎通をよくするため、コミュニケーション能力を高めたほうがよさそうです。

 この独りよがりの勘違いに関しては、多くの人に心当たりがあると思います。起業家の場合は、ビジネスに失敗した後でこの事実に気付きます。だからビジネスは難しく、だからビジネスは面白いのです。山本議員の行動をあれこれ批判するよりも、他山の山として自分の起業に役立たせることを考えてください。

【一言】
 今年の夏は、とても暑い日が続いたこともあって、昨年からこの春にかけ起業した人は、売上げを上げるのにたいへん苦労しました。暑い夏場に落ち込んだ売上げが、なかなか上昇しなかったからです。ただ、10月に入ってやっと上向いたという報告を多数頂いています。開業前に、しっかり準備をして、ビジネスの基本を身につけている人は強いです。それこそ、自分と他人との違いをしっかり認識して起業しています。

このコラムに類似したコラム

現代は起業の能力アップが飛躍的に進む時代 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/05/22 21:06)

自分が思う自分と他人が思う自分との隙間 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/21 20:28)

お客さん目線を起業に生かしたい 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/03 20:06)

中高年の起業に欠かせないポイント 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/09/04 20:31)

自己実現のための起業が通用しない時代 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/06/14 20:39)