プレゼンの冒頭挨拶で簡単なつかみ方 - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

株式会社オリファイ 代表取締役社長
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼンの冒頭挨拶で簡単なつかみ方

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
プレゼンテーション

 

プレゼンの冒頭で挨拶するときに、
どういう風に話を切り出すかって
結構悩みますよね。

普通に、

「こんにちは、XX社の山田と申します。
本日は弊社製品YYに関してご説明させていただきます。」

という感じの挨拶ではじめるのも悪くありませんが、
せっかくだから、プレゼンの冒頭の挨拶で
ガッチリつかみたいと思いませんか?

プレゼンの冒頭挨拶でつかんでおけば、
その後のプレゼンもスムーズになります。

そうはいっても、なんの話をしていいいかわからない!

そんなアナタのために、プレゼンの冒頭挨拶で
簡単につかむ方法を解説します。

■先入観を裏切る

アナタがこういった内容をプレゼンするだろう、
と思われている内容の、逆もしくは一見無関係そうな内容で
冒頭の挨拶を始めるという方法です。

例えば、アナタが自社製品に関して説明するときなど、
聞く人は、これから自社製品のいいところを羅列するんだろうな、
と思っているわけです。

そこで、自社製品に関する悪い噂、もしくは、
競合製品に関する良い噂からはじめるのです。

すると聞いている人は、
え?そんな話しちゃっていいの?という具合に、
今まで興味なさそうに下を向いていた顔を、あげます。

これ、気持ちイイですよ。

ただし、自社製品の悪い話や、
競合製品の良い話だけで終わらないように
話の流れを考えてくださいね。

 

引用元

プレゼンの冒頭挨拶で簡単なつかみ方

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社オリファイ 代表取締役社長

プレゼンマスター

「素晴らしいものは、もっと多くの人に伝えられるべきである」という理念の元、あなたの素晴らしさ【伝える】ための、プレゼンテーションやインターネットを中心としたマーケティングに関するサービスを提供いたします

カテゴリ 「プレゼンテーション」のコラム