水災における保険金支払い1 〜メルマガより〜 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

水災における保険金支払い1 〜メルマガより〜

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
日々、思うこと。
【EMPメルマガバックナンバー 2005/9/16号】


久しぶりに保険代理店を経営している友人に連絡したところ、
「台風14号の被害の後片付けで、郷里の宮崎に帰省している」とのこと。


被害状況を聞き当日の写真をメールで送ってもらったのですが、
2階建ての住戸の1階部分がほとんど水没し、
周辺の平屋は屋根しか見えない状態になっていてびっくりしました。


あっという間に水が流れ込んできてご家族の方は、
命からがら避難されたそうです。


この台風の影響では中野・杉並地区でも一部水没した地域がありましたが、
東京でも異常気象とヒートアイランド現象によって
局地的に大雨が降ることがあります。


今日は、そうした水災に対する備えから火災保険を見てみたいと思います。


通常、不動産物件を購入した場合「火災保険」に加入します。
ところが、一般の火災保険では台風や大雨で浸水などの被害を被った場合、
保険金は支払われません。
(屋根が吹き飛ばされるなど「風災」は
実損20万円以上であれば保険金が支払われます。)


>>>続く


※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP