「時間軸」を加える - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「時間軸」を加える

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家の寿命を科学する
住宅は、住む人が、くつろぎ、話し、食べ、飲み、遊び、作業し、入浴し、寝て、時には多くの人が集まったり、泊まったりもする、複合的で多目的な場です。
だから、とても多くの機能、要素があります。

複雑なものをまとめ、つくり上げるのは、とてもエネルギーのいることですが、とても楽しいことでもあります。
既成概念にとらわれず、自由に発想し、アイデアを膨らませ、楽しい家づくりをしたいものです。

一般の商品は、店で実物を見て、触り、場合によっては使ってみて、気に入ってから買うことができます。
しかし、建築では(特に建築家が設計する場合)実物(実際の家)に住んでみてから買うことはできません。
できあがってから、「こんなはずではなかった」ということのないように、多方面から良く考える必要があります。
家ができあがった当初は、大きな不満が出ることがきっと少ないことでしょう。
しかし、建築は、何十年(ヨーロッパでは何百年)も存在し続ける(はずの)ものです。
だから、諸条件や要望に、「時間軸」を加えて考える必要があるのです。

このシリーズでは、余り多くの人が考えることがないと思われる、家の存在期間:寿命について考えてみたいと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

カテゴリ 「家の寿命を科学する」のコラム