家に何年住むか - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家に何年住むか

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家の寿命を科学する

家を建てる前に、これから建てる家に何年くらい住むのか、どの位存続させるかを考えましょう。



「これから家を建てるのに、なぜ家を壊す時の事まで考えなければいけないの、縁起でもない」と言われそうです。

では、長持ち(50年程度以上)住宅がいいですか、それほど長くもたなくてもいいですか、と聞かれたら、何と答えますか。
「長持ちする方がいいに決まっているだろう!」と怒られるかもしれません。

でも本当にそうでしょうか。
あるハウスメーカー調べでは、20〜30年後には不便になっているので、きっと建て直す、高い長寿命住宅より安い方がいい、という人が結構多いそうです。少なくとも今までは。

さて、日本の住宅は、どの位で建て替えられているでしょうか。
   日本   26年
   アメリカ 44年
   イギリス 75年
これは、平成8年版建設白書に掲載された各国の住宅平均寿命データで、よく使われているデータです。

ここでいう、「平均寿命」は、「過去5年間(調査当時の)に除却されたものの存在期間平均値」と定義しています。
印象としては、イギリスの住宅の平均寿命はもっと長く、日本ともっと差があるような気がします。
「除却されたもの」をカウントしたデータですから、ずーっと壊されない家は、カウントされないわけで、そのせいかもしれません。
現に、イギリス:141年、アメリカ:103年、日本:30年というデータもあります。

いずれにしても、日本の住宅の平均寿命が、世界の主要先進国の中で、破格に短いことは間違いありません。

なぜ、日本の家はこんなに寿命が短いのでしょう?

これからも、こんなに寿命の短い家を、建て続けていいの?!

<続く>

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

カテゴリ 「家の寿命を科学する」のコラム