東京オリンピックで長期金利は上昇か - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

Office JUN 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東京オリンピックで長期金利は上昇か

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
相談業務 店舗タイプ

 

 2020年に開催される、オリンピックとパラリンピックの開催都市が東京に正式決定しました。もうあと7年後のことですから、今後の日本経済にはかなりのプラス効果をもたらしてくれそうです。


 先週までの債券市場では、円安による株高、アメリカの長期金利の上昇、アメリカによるシリアへの軍事介入が遅れるとの思惑などで、長期金利は大方の予想に反して上昇し、金曜日の終値は0.79%まで上昇しました。


 アメリカのG20での説得工作が不調に終わる中、オリンピックの開催都市が東京に正式決定したことで、リスクオンの流れが再び強まり、週明けのマーケットは円安・株高・債券安(金利上昇)の流れになりそうです。


 仮にこのままアメリカによるシリアへの軍事介入が行われず、逆にアメリカの金融緩和縮小によるアメリカの長期金利の上昇が続いた場合、長期金利は0.8%台を伺う展開も想定されます。


 当初は10月の長期固定金利は9月と同水準と見ていましたが、長期金利が0.8%前後で推移した場合は、10月は小幅に上昇する可能性が高まりそうです。


 なお、株式市場において、オリンピック関連銘柄として不動産株や建設株が取り上げられています。オリンピック開催による、インフラ整備などにより、地価が上昇し、建設も増加するのではないかという思惑です。


 この論理はあながち間違いとは言い難く、東京のマンション価格も上昇する可能性があり、消費税増税と併せて、駆け込み需要をさらに誘発する可能性があります。


 ただし、コンパクトシティを開催理念としていることから、首都圏中心部はともかく、周辺一帯まで一律に影響が広がるとは考えにくい所もあります。


 消費者としては、オリンピック開催による影響がどの程度なのか、話題に踊らされず、冷静に判断する能力が求められそうです。

 

 

沼田 順(1級FP技能士、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー)

 

※このコラムの無断転載・引用はご遠慮願います

 

ブログメディア「BLOGOS」、「マネーの達人」

そこに参加させて頂いている、私のブログも是非ご訪問下さいませ。

住宅ローン、不動産アドバイス

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

カテゴリ 「相談業務」のコラム

このコラムに類似したコラム

住宅ローン減税の改正とマンション購入時の減税制度の使い方 南 博人 - マンション購入コンサルタント(2013/04/23 00:00)

団体信用保険とは何ですか? 南 博人 - マンション購入コンサルタント(2015/11/18 23:00)

住宅ローンにはどんな種類があるの? 南 博人 - マンション購入コンサルタント(2015/11/17 23:00)

2015年11月の各金融機関の住宅ローン金利 南 博人 - マンション購入コンサルタント(2015/11/17 22:38)

2015年9月のフラット35と災害復興融資 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/01 12:00)