遺言書が見つかった時の対応 - 法律手続き・書類作成全般 - 専門家プロファイル

安井 大樹
司法書士安井事務所 所長
東京都
司法書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

遺言書が見つかった時の対応

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 法律手続き・書類作成
  3. 法律手続き・書類作成全般

亡くなった方(被相続人)の遺言書が見つかった場合、遺産の分配方法はその内容が最優先となります。
しかしながら、遺言書が見つかったからといって簡単に開封してよいものではありません。
遺言書が見つかった場合は、まず家庭裁判所に「検認手続」の申立てをし、その手続を経た上で開封しなければなりません。
これは、遺言書が紛失したり、偽造、変造されたりするのを防ぐための手続であり、内容が有効かどうかを判断するものではありません。
この手続をせずに遺言書を開封してしまうと、5万円以下の過料に処せられますので注意してください。
尚、公証人が作成する「公正証書遺言」は、原本が公証役場に保管されていて、偽造、変造の恐れがないため検認手続は不要となります。

検認手続の申立は、遺言書を発見した相続人または遺言書の保管者から、遺言者の最後の住所地の家庭裁判所に行います。

 

【司法書士安井事務所運営サイト】

→司法書士安井事務所HPはこちら

→相続登記相談室はこちら

→会社登記・法人登記相談室はこちら

このコラムに類似したコラム

遺言をのこしておいた方がよいと思われる事例 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 09:09)

遺言書をのこしましょう 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 09:01)

相続人の中に行方不明者などがいる場合 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 08:55)

相続する割合は? 安井 大樹 - 司法書士(2013/06/12 22:07)

予定通りに11月11日より通常の業務体制になります。 松本 仁孝 - 行政書士(2011/11/10 13:33)