高齢社会の現状 日本は世界最速の高齢者社会です 平成25年高齢化白書より - 老後・セカンドライフ全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高齢社会の現状 日本は世界最速の高齢者社会です 平成25年高齢化白書より

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後・セカンドライフ全般
ライフプランと家計 老後の生活費
般高齢社会フォーラムに参加し、内閣府の高齢社会白書の説明を受けましたので、筆者が重要と考えること紹介します。

日本の高齢化は増々進んでいます。平成24年10月1日現在、総人口に占める65歳以上の人口割合(高齢化率)は前年から0.8%増加し、24.1%になりました。

日本の人口は平成24年10月1日現在日本の人口は1億2,752万人で、筆者を含む65歳以上の高齢者人口は、前年に比べ104万人増え、過去最高の3,079万人になりました。
男性は1,318万人、女性は1,762万人で性比は74.8対100でした。

★47年後の2060年には、2.5人に1人が65歳以上で4人に1人が75歳以上になります。
グラフで見るように。日本の総人口は2010年に12,806万人のピークをつけ、その後は漸減しています。一方高齢者人口は増加するため、2012年高齢化率は23.0%であったものが、2060年には39.9%になると推計されています。また、75歳以上の人口は2012年以降も増え続け、2060年には2,336万人になり26.9%を占めると推計されています。

130723高齢化の推移と将来推計

★あと7年後の2020年には、現役世代2.0人で1人の高齢者を支え、2060年には1.3人で1人の高齢者を支えることになります。現役世代とは15歳~64歳で高齢者世代は65歳以上です。

130723高齢世代人口の比率

★2060年生まれの男性の平均余命は84.19歳で、女性の平均余命は85.90歳と推計されます。ゼロ歳児の平均余命を平均寿命といいます。グラフの2011寿命が下がっているのは大震災の影響です。

130723平均寿命の推移と将来推計

★地域別に高齢化を見ると、2012年現在の高齢化率が最も高いのは、秋田県で30.7歳もっとも低いのは沖縄県で17.7%です。2040年には秋田県の高齢化率は43.8%、沖縄県でも30.3%になると推計されています。
ちなみに東京の現在は21.3%で2040年には33.0%になると推計されています。

★2010年の社会保障給付費は過去最高に上昇しています。
このように高齢化が進み社会保障費の見直しが進んでいないため、2010年度の社会保障給付費は103兆4,879億円となり過去最高を記録しました。国民所得に占める割合が、29.6%に上昇しています。このように社会保障給付費が伸びている状況は持続可能ではありません。高齢者自身も現役世代に高負担を強いる仕組みは再考すべきと考えます。

130723社会保障給付費の推移

★日本は世界最先端の高齢社会です。
高齢化の進度を比較したグラフです。日本に比べ欧米先進諸国は高齢化の進み具合が穏やかです。1950年の日本は高齢化率が5%でしたが、その後の高齢化のスピードは史上最速で、各国を抜き2010年:現在、最高の高齢化率ですが、以降も他の国を引き離す進み具合になります。

アジア地域でも日本の高齢社会の進み具合はトップなのですが、中国、韓国などの高齢化率の進捗は急ピッチで進むと予想されています。

130719世界の高齢化率の推移

日本は高齢化社会に対応したサービスや技術は、ノウハウは日本が世界最先端を誇っています。これらのサービス・技術をアジア各国に提供することで日本の所得増加にも役立つと考えられています。
ただし、サービスを支える労働力の移民も受け入れる必要があります。

文責
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
日本FP学会会員
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者 (東京)第188140号
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー&登録講師

独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプランと家計」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 暮らしとお金のメール相談

ファイナンシャルプランに関するテーマ別相談を承ります

料金
10,000円

オールアバウトでのQ&Aでの回答2000件以上の実績、ライフプラン作成の豊富な経験と人生経験長さ及び様々な出来事を経た知識に基づき、ご相談でお応え致します。
相談の内容や回答の可能性についてご相談者とFP双方が確認と合意の上、相談が開始されます。

暮らしとお金のメール相談

このコラムに類似したコラム

先行き明るい人生を送りたい方へ まりねえ - スポーツインストラクター(2014/05/20 23:43)

江古田界隈の変わらぬ風景~! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2010/08/03 00:00)