起業で多くの人の協力をいただいたけれど・・ - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業で多くの人の協力をいただいたけれど・・

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
 7月に入って、2件同じような気になる相談を戴きました。その内容に関しては書けませんが、おおよその概要は「以前から世話になっている人に、開業するにあたって空き店舗を紹介された。自分がイメージしている店舗とは相当違っているが、この場合断っていいものか?」と言った主旨です。

 起業するにあたっては、多くの人に世話になります。起業する人は開業に慣れていませんから、言われたことは何でも受け入れがちです。ただ、そんなときに、大きな失敗につながることはめずらしくありません。下手をしますと、廃業や倒産につながるケースさえありますから、受け入れには注意が必要です。

 現代のビジネスでは、最も重要な出店場所などその代表例です。「いい具合に友だちのビルの1階が空いているから」と知人が仲介してくれたら、その建物は小売りに不向きな場所で、大赤字を出したと言う話はよくあります。仲介してくれる人は善意から言い出すのでしょうが、たいへん迷惑なことになります。

 同じようなことは、扱う商品であったり、融資先であったりします。最近は、知人から紹介されて雇った従業員が、まったく戦力にならなくて辞めてもらうのに苦労した、なんて話も聞きます。起業のときばかりは、開業する人にとって一発勝負です。やり直しが利きませんから、善意の申し出でも断るべきです。

 起業においては、あくまでも自分のスタイルを優先させるべきです。自分の軸は外さないことです。軸とは、自分が何故起業するか、その基本のことです。世話になった人のために起業するなら話は別です。その人の指示に従うべきです。往々にして、開業資金を出資してもらったときなど、人の指示に従うケースもあります。

 起業で成功することを第一に考えるなら、世話になった人の口添えでも本気では聞かないことです。もし失敗してしまったらなら、それこそ世話になった人に迷惑をかけることになります。起業相談では、相手の顔を立てながら、断るべきときは断ることに落ち着きます。この場合、当人が考えていることと、アドバイスはほぼ一致して、最後は背中を押す役割を果たします。

【一言】
 わたしの軸は、「起業に失敗しないさせない」です。自分自身が失敗しないことが大事です。同じように、相談を寄せてくれる人を、失敗させないことも大事です。この軸だけは、絶対に動かしません。いくら起業で頑張ったといっても、失敗したら惨めです。そのため、起業することがまだ難しい人には、難しいとはっきり言うようにしています。

このコラムに類似したコラム

【女性向け起業家支援】 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2014/10/16 12:52)

起業のコトなら 恵良 健太郎 - 税理士・公認会計士(2014/04/06 19:28)

戦後68年間も戦争に巻き込まれなかったこの国 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/08/14 20:40)

起業について思うこと 3 ~資本金の金額 田中 紳詞 - 経営コンサルタント/ITコンサルタント(2013/06/28 00:41)

4月12日(金)発行「日経新聞」に掲載されました。 片桐 実央 - 起業コンサルタント(2013/04/12 14:38)