労務事情 1253号(2013年6月1日) - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

フランテック法律事務所 
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

尾上 雅典
(行政書士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

労務事情 1253号(2013年6月1日)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
記事・取材紹介

『労務事情』 [http://www.e-sanro.net/sri/books/roumujijyou/

 

 産労総合研究所から発行されている『労務事情』No.1253(2013年6月1日)号に、

「これからのクラウド・ソーシャルメディアにかかわる労務トラブルQ&A」

というタイトルで、当事務所所属社会保険労務士の毎熊典子との共同執筆で記事を掲載しています。

 

『労務事情』は、人事労務の問題に関してQ&Aで解説する情報誌です。

今回の特集では、次の7つのQ&Aを設けて、クラウド・ソーシャルメディア時代に発生しうる人事労務問題について解説しています。

今回、説明している内容は、まだ労働法上、議論があまりない分野の事項ですので、新しい問題に頭を悩ませている人事労務関係者の方には、参考になると思います。

 

① クラウドサービスの導入の際の法的留意点と社内規程

② クラウドサービス利用下における社内不正の際の証拠収集の問題

③ 在宅勤務と労働時間管理

④ スマートフォンを業務利用する際のセキュリティ対策

⑤ 個人所有の高機能モバイル機器の業務利用の問題

⑥ ソーシャルハラスメントの問題

⑦ 採用選考時における応募者のソーシャルメディアアカウントのチェック

 

 ご興味のある方は、是非ご一読いただければと思います。

 

また、今回の記事の⑤では、特に、まだ、あまり労働法上問題点が議論されていないBYOD(ビーワイオーディー)という「私物ののスマートフォンやタブレット端末、ノートパソコン、携帯電話などのモバイル端末を業務に利用すること」の問題点を記載しています。このBYODは、コンピュータ関係の業界関係者では、この数年、「クラウド」という用語と並び、話題となっている用語です。

BYODのメリットやデメリット、そして、そのセキュリティ対策などの問題を説明していますので、興味のある方は、ご覧いただけると幸いです。

当事務所では、BYODに関する社内規程に関して、調査・研究しておりますので、ご相談、また、セミナーの講師のご依頼などに、対応させていただいております。

 

フランテック法律事務所 弁護士 金井 高志  

オフィシャルサイト[[http://www.frantech.jp]]

セミオフィシャル・ブログサイト[[http://www.frantech.biz]]

フランチャイズ本部サポート 〔〔http://www.fc-support.biz/〕〕

ソフトウエア・システム契約書サポート 〔〔http://www.software-law.biz/〕〕

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
フランテック法律事務所 

フランチャイズとIT業界に特化。最先端ノウハウで支援します

フランチャイズ本部と加盟店に対して、法的アドバイスでのお手伝いをしてきています。また、インターネット関連のベンチャー企業の事業展開のお手伝いもしています。特に、株式公開を目指すベンチャー企業のために、お手伝いができればと思っています。

カテゴリ 「記事・取材紹介」のコラム

知財管理 2016年9月号(2016/10/14 16:10)

コピライト 2016年7月号(2016/10/07 15:10)

フランジャ 2016年3月号(2016/10/05 15:10)

コピライト 2016年1月号(2016/03/11 16:03)

このコラムに類似したコラム