危機的水準!子供の人数が32年連続減少 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

危機的水準!子供の人数が32年連続減少

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
保険 生命保険

今日、5月5日は、こどもの日です。

総務省が集計した全国の子どもの人数は32年連続で減少し続けて過去最も少なくなりました。
 
今年4月1日時点の全国の15歳未満の子どもの人数は、昨年より15万人も減り1649万人です。ある意味、危機的水準と言えますね。この数字は32年連続の減少で、過去最も少ない人数です。ただ、私の周りでは女の子が産まれるのが多い様に感じるのですが数字的には男の子が844万人、女の子が804万人と、男の子の数がかなり多いみたいです。
 
今回の結果により総人口に占める子どもの割合も12.9%となり世界の主要な国では最も低い割合となっており本当に対策を取らないと取り返しのつかない事態に将来なります。議員や官僚の方の中には公共事業や自分達の目先の利益だけに群がる人が多いみたいですが、もっと自分達の可愛い子供や孫の為に将来を見据えた対策を取って貰いたいと思います。子供を安心して産める環境や育てれる環境を作らない限り、幾ら見せ掛けの少子化対策などしても税金の無駄遣いです。本当に安心して産み育てれる環境を作る気持ちで政策を作って欲しいと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「保険」のコラム

厚生年金の加入拡大(2016/10/05 02:10)

かんぽ生命も販売停止(2016/05/01 14:05)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談

お金の貯め方や保険の入り方など基礎から考えましょう

料金
5,000円

経済環境の悪化に伴う公的年金の問題や、ご自身や家族の病気、ケガなど普通に生活していても最近は不安だらけですね。
ご結婚を機に少しでも、その不安を和らげる為にもお金に対する正しい知識を身につけましょう。

結婚を機に考える2人のライフプラン相談

このコラムに類似したコラム

叶う夢 叶わない夢 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/09/28 12:03)

「日本の出生数100万5656人に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/07/15 11:04)

パソコンのバックアップ 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/04/29 19:09)

消費税について考えてみましょう 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/30 18:04)

「税金の無駄遣い 1568億円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/11/15 23:23)