気になる?「コンテンツ取引市場」 #2 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

気になる?「コンテンツ取引市場」 #2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
ウェブの地平線、ココ〜未来系。 デジタル知財がキーワード
先日、交流会に参加しました、春は新しい出会いや、別れが盛りだくさんですね、

こんにちは、山藤(サンドウ)です。

前回に引き続き「デジタル地財」プロジェクトでの新しい流れをご紹介します。

「デジタル地財」=「デジタルコンテンツ」を生成・編集・統合することにより
デザインされる、シナリオを持った「コンテンツ」の創造。


慶応義塾大学デジタルメディア・コンテンツ総合研究機構より、

小泉内閣の時代「今後10年間でコンテンツ市場を5兆円拡大させることを目指す」
発表しました。
平成17年のコンテンツ産業の市場規模が約11兆円、これを、''16兆円にすることを目指して''いるのです。

「官」= 研究会、懇談会などを設置する。
「民」= 経団連、放送関連事業者、商社などが、コンテンツの開発、提案
を行っている。
「学」= 「デジタル知財」として、内容や活動に積極的に参加して、提言活動を行っている。


そして、今後重要になってくるのは、
誰もが気になる「コンテンツ取引市場」なのです。

コンテンツ取引市場には、



1 マーケットの拡大
2 フリーウェアなコンテンツが豊富
3 コンテンツ制作の資金が豊富


が条件となりそうです。

この条件が整ったときに、巨大な「コンテンツ取引市場」が現れます。

コンテンツ政策研究会

エスオープランニング