不動産投資セミナー後記 【5】 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

徳田 里枝
株式会社リッチロード 代用取締役
不動産投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産投資セミナー後記 【5】

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
次に2.の管理について、まずマンションからお話しいたします。

先ほどお話しをしましたように、マンションは“収益を生む箱”です。
箱=「専有部分」(お部屋の中)に関しましては、クロスを張り替え、床をきれいにすれば、新築同様のピッカピカになります。
しかし「共用部分」(外壁・屋根・エントランス・廊下・階段・エレベーター等)に関しましては、
所有者で組織する管理組合(ほとんどは管理会社に全部委託しているのが実情ですが…)
が維持管理・清掃を行っていまして、なかなか一人の所有者の思うようにはなりません。

ですから、マンションの管理状態を見るには、「共用部分」で判断することが大切になってまいります。
判断のポイントとしましては、
・外壁やエントランス、廊下、階段はきれいか
・管理会社はどこか 常駐なのかor巡回なのか 清掃のセンスの良し悪しはどうか 
・戸数は何戸か できれば50戸以上がベター 
・ファミリータイプ混在型かor賃貸専用型か オーナーが住んでいるほうがベター
・過去の修繕履歴はand修繕積立金の総額は 重要事項に関わる調査報告書を取り寄せる

以上の点をおさえていただけば大丈夫だと思います。

なお、「専有部分」に関しましては、(またまた極端な言い方をさせて頂きますと)
間取りやバルコニーの方位、バス・トイレ別等にあまりこだわる必要はないと思います。
弊社の管理しているマンションも、立地さえ良ければ、北向きでも1階でもユニットバスでも、
きちんと入居してくださいます。

【6】へ続く・・・。


アパート経営・マンション経営のリッチロードWEB



不動産売却不動産査定のリッチロード不動産売却WEB



リッチBlog〜不動産投資に真心こめて〜