認められるための基準 - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

エナジー・コーチ エナジー・コーチ
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

認められるための基準

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
こんなとき、どうする? 周りに 〜してもらいたい
あなたは、自分が人から認められていると感じますか?

それとも、一生懸命やっているのに、ちっとも
認められない、わかってもらえない、なんて感じていますか?

その、認められたい、わかってもらいたい「人」(たち)とは
いったい誰でしょう?

多くの人が、周りの人に認められようとして
ストレスになったり、そのために他人と自分を
比べて落ち込んだり、認められようと必死になって
その過程で自分らしさや明るさを失ったりしています。

評価を受けて、自分が重要・大切であること、
ここに存在する価値があると感じたい、というのは、
誰もが持っている、ほぼニーズに近いようなものです。

ニーズだから、意識していようが、いまいが、私たちは
それを満たそうとします。それが自然です。

ところが、周りからの評価は、自分の評価ではないので
どうにもコントロールできないのが、クセものです。

他人が何を感じて、何を思うか、何を基準に評価するかは、
どうに変えられないしコントロールできないのが、
現実で、事実です。

だから、評価されるときもあるし、そうでないときが
あるのは、当然。

また、多くの人たちは、あまりほめたり評価したりすると
甘えたり傲慢になるかも、と思っています。それで
言葉にして評価したり、褒めたり、感謝したり
していないのも事実。

また、もっとがんばれる、もっとできると思うから
褒めない、なんてこともあるかもしれません。

また、評価の基準も人それぞれで、人によっては
これくらい当たり前、なんて思うこともあるのかも。

いずれにしても、周りから認めてもらうことを
目的にしていると、当てが外れて、傷ついたり
悲しいことになったりします。

それを防ぐには、いったいどうしたらいいのでしょうか。

コラムの続きはこちら

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
エナジー・コーチ エナジー・コーチ

もっと元気にハッピーになりたい女性たちをパワフルにサポート!

もっと自信を持ってバランス良く、元気にハッピーになりたい方(主に20~40代の女性)に向け、コーチングやセミナー、講演を実施しています。人生の幸せ、ビジネスの成功や自己実現のために、枠に捕われない考え方を提供し、内面から強くサポートします。

カテゴリ 「こんなとき、どうする?」のコラム

認められたいなら(2008/04/08 13:04)