2012年度の中国出願動向 (第1回) - 特許・商標・著作権全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:特許・商標・著作権

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2012年度の中国出願動向 (第1回)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 特許・商標・著作権
  3. 特許・商標・著作権全般

 2012年度の中国出願動向 (第1回)

河野特許事務所 2013年2月28日 執筆者:弁理士 河野 英仁

  

 中国国家知識産権局は2012年度における発明特許、実用新型特許及び外観設計特許出願の受理件数を発表した(下記グラフ参照)。発明特許出願は65万件、実用新型特許出願は74万件を突破した。諸外国からの出願も増加しているがそれよりも中国企業による出願が発明特許出願では53万件、実用新型特許出願では73万件と急増している点に注意すべきである。紛争時に備えて日本企業側は中国競合企業の特許を分析すると共に、対抗しうる特許群を構築しておくことが重要となる。

 

 

 

(第2回へ続く)

中国特許に関するご相談は河野特許事務所まで

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム