相手は変えられる・・・と思うのです。 - 性格改善 - 専門家プロファイル

セラピー&カウンセリング はぁとすとりんぐす 心理カウンセラー・産業カウンセラー
東京都
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相手は変えられる・・・と思うのです。

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 性格改善

『相手は変えられない、だから自分が変わるしかない』という言葉を良く耳にします。


でも、私はこれを聞く度に少し違和感を覚えます。


私は『相手は変えられる』と思うのです。


そして、その唯一の方法が『自分が変わること』ではないかと。


なんだかキツネにつままれた気分でしょうか(笑)


もう10年以上前のことですが、私が会社員だった頃、担当したプロジェクトのお取引先に、ものすごーく気難しい(はっきり言うと恐い)方がいらっしゃいまして


当時、いろいろあって担当交代

しかも次の担当が女のワタクシ…


あいさつに行っても、あきらかに『ほんとに大丈夫なの?』という疑いの眼差しが突き刺さります。


感情的になるわけではありませんが、非常に論理的にクールに指摘されるので、まるでほっぺたを氷のナイフでなでられたような感覚……おわかりいただけるでしょうか。。


小さな失敗も許されないというようなキンチョー感がヒシヒシ

もう毎日が針のムシロ状態でした。


しかし、女杉本、ここで負けるわけにはいきません!


私は腹をくくりまして、とにかくマイナスイメージをまず0にもっていこうと、あらゆる努力をしました。


まずは、通常の業務に穴をあけないように、足りないところには自分がバックアップに入れるよう、一部を除いてすべての業務を覚えました。


そうしないと、誰かが休んだ時にバックアップに入れないからです。

1プロジェクトのすべての業務を短期間で覚えるのは、当時すでにアラフォーだった私にとっては、結構大変^^;


でも、そこは工夫でして、教えてもらう時にはノートにメモをするのではなく、パソコンで直接メモをとるようにし、それをそのままマニュアルにするというワザを習得。


特にパソコン操作がからむ所は、スクリーンショットを取って保存しておけば、あとでそれを使ってわかりやすいマニュアルを短時間で作ることができますし、そのまま
新人教育にも使えて一石二鳥。


そして、一番努力したのが、『言われる前にやる!』でした。


3、4週間もたつと、その時点でお取引先がどんな情報がほしいか、だいたい分かるようになります。


今、こういう状況だからきっとこういう情報があったら助かるだろうと思われるものを、グラフにするなどわかりやすく加工して提出するようにしたり、日常の業務についてこまめに報告したり。



また、失敗した時は事情を説明して潔く頭を下げる。

ここで変に言い訳をしたりごまかそうとすると、それまでの信頼が地に落ちてしまうことにもなりかねません。


逆境の時こそ、その人の真価が現れる』という言葉を胸に、女杉本、頑張りました!



そんなことを3ヶ月、半年と続けているうちに、少しずつですが、その難しい方の態度に変化が現れてきまして、そのうちに「こういう時はどうしたらいいと思うか?」などと意見を聞いて下さるようにもなりました。


「ああ、少し信用して下さるようになったんだなぁ」と、なんとも感慨深い気持ちになりました。



そして、それから数年たって私がそのプロジェクトを去る時には、一番怖かったその方が、ナント『あなたがいてくれたからプロジェクトがうまくいきました。ほんとうにありがとう。」と言ってくださったのです。

私は思わず涙ぐんでしまいました。


そうして、心の中で『いいえ、お礼を言うのは私の方です。あなたがいて下さったからこそ、私は多くの事を学び、成長することができました。ほんとうにありがとうございました。』とつぶやきました。



私は今までほんとうにいろんな方に巡り会いましたが、今になって思うと、そういう厳しい方こそ、自分にとっては運命の人なのかもと思います。


その時はほんとうに苦しいし大変ですが、あとになって思うと、そういう時にこそ自分は仕事の上でも精神的にも成長させてもらったなぁと。


なので今は感謝の気持ちの方が大きいです。

もう一回一緒に仕事をと言われると、ちょっと考えさせていただきたいというのが本音ではありますが(笑) 


今回の件は、自分が変わると言うよりは、どこまでも相手にあわせて努力するといったほうが良いかもしれません。


でも、人を変えたい、相手に受け入れてもらいたいと思ったら、まずそうしてもらえるような自分になること、そういう意味ではやはり『自分が変わる』のだと思います。


そして、それは『成長する』ということにもつながるのだと教えてくれたとても貴重な体験になり、今では、私が相談者の方にアドバイスする時のバックボーンにもなっているのでした。




 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 心理カウンセラー)
セラピー&カウンセリング はぁとすとりんぐす 心理カウンセラー・産業カウンセラー

潜在意識の力をかりて、無理なく自分を変えていきましょう!

年間500件以上のセラピーを行う中、心の傷が原因で、自信がない、自分が好きになれない、感情のコントロールができない…そんな方がとても多いことに驚いています。同時に人が変わる力にも驚いています。ひとりで悩まず、一緒にトライしてみませんか?

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 【電話カウンセリング】 60分コース

きっと新しい自分に会えるはず!ひとりで悩まないで、いっしょに考えてみませんか?

料金
5,715円

職場から家族まで、人間関係でお悩みの方
なんとなくイライラして毎日が楽しくないとお思いの方
生きづらさを感じている方

まずは、自己分析から始めてみませんか。
自分が変われば周りも変わる・・・その感動をぜひ味わっていただきたいと願っています。

【電話カウンセリング】 60分コース

このコラムに類似したコラム

今を生きること 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2013/03/18 12:36)

新しき年を迎えて 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2013/01/09 17:11)

失敗の経験から学ぶ知恵の大切さ 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2012/04/02 13:11)

インナーチャイルドの癒し 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2012/02/02 12:06)

時間旅行 本間 美智子 - パーソナルコーチ(2010/09/09 01:38)