社内報制作を担当しているけれど、社員の反応がわからない… - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

松本 美和子
株式会社ジェイスパーク 
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
浜田 智美
浜田 智美
(Webプロデューサー)
赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内報制作を担当しているけれど、社員の反応がわからない…

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般

社内報ご担当者様の悩みの一つに、社内報がどれだけ読まれているのか実態把握ができない、というものがあります。

お話ししていると、「社員からの反応が少ない」「アンケートを取っても回収率が低い」「ミスがあった時だけ、すぐに連絡が来る…」というような嘆き(?)を伺うことがあります。

これについては、なかなか特効薬が見つかりません。最近はイントラを利用したアンケートや投稿記事募集などが行われていますが、あまり頻度が高すぎると閲覧者に敬遠されてしまうこともあります。

やはり地道ではありますが、

1.出来る限り多くの社員の方々に登場していただく(部署紹介、同好会紹介など)

2.インパクトのある方に面白い記事を書いていただく(投稿記事など)

に尽きるのではないでしょうか。

1.は、やはり自分が載っている記事には目を通しますし、そこで知り合いや関連部署を見つければ、自然と興味を持っていただける

2.は、上とも関わりがありますが、興味や関心の高い記事が載っていれば見出しだけでも見てくれるでしょうし、そこで本文に引き込む(ここがデザイン会社の腕の見せ所です)ことが出来れば、リピーター獲得に繋がります。特に投稿記事は、あの「新しいクラスになった最初のホームルームで行う自己紹介」と同じで、最初の人が淡白だと二人目以降の人も右に倣えとなってしまいがちです。

ジェイ・スパークでは、読み手の興味をそそる魅力的な誌面レイアウトはもちろん、取材・原稿整理から記事を起こすライティング業務も得意としています。

今の社内報にちょっとスパイスを利かせて、読者の皆さんを振り向かせてみませんか?

【ジェイ・スパークの社内報制作ページはコチラ】

http://www.jspark.co.jp/our/magazine.html

このコラムに類似したコラム

『クリエイティブ大国・ニッポン』そう呼ばれる日がくるように。 眞鍋 顕宏 - コミックデザイナー(2013/05/10 11:07)

反射光と自発光 松本 美和子 - クリエイティブディレクター(2013/03/12 14:13)

アンケートはあくまでも参考程度に 松本 美和子 - クリエイティブディレクター(2013/02/14 08:39)

産学協同で作る広告マンガ。その1 眞鍋 顕宏 - コミックデザイナー(2013/09/20 09:20)

キャッチコピー狂時代 磯部 茂 - コピーライター(2013/07/27 15:00)