Q15時間の残業手当を出しているが、30時間残業した場合の手当は? - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年03月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Q15時間の残業手当を出しているが、30時間残業した場合の手当は?

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

本件において、営業社員は30時間残業しています。15時間残業したものとみなして営業手当が3万円支給されていることから、15時間余分に残業していることになります。したがって、この労働者には15時間分の残業代を請求する権利があります。したがって、法律上、原則として15時間分の残業代の支払に応じなければなりません。

このコラムに類似したコラム

時間外・割増賃金・残業代の基礎、その1 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/11 11:19)

残業代(研修)を受講しました。 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/11 11:49)

残業代等請求の実労働時間の証拠 村田 英幸 - 弁護士(2013/06/27 12:19)

「労働関係訴訟の実務」 村田 英幸 - 弁護士(2013/06/22 08:32)