契約書・内容証明郵便の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

契約書・内容証明郵便 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

中西 優一郎

弁護士

企業法務から身近な法律相談まで幅広く対応いたします。

弁護士法人アルテ代表弁護士。東京大学法学部卒。企業法務に従事し、労働問題(会社側)に精通。著書「外国人雇用の実務」(同文舘出版)。ラジオ番組出演(FMあまが…

中西 優一郎

小林 政浩

行政書士

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思…

小林 政浩

吉田 武広

行政書士

いつもあなたの法務パートナーです!

相談には、お時間、料金を気になさらずに、お客様の本当のお悩みをお聞きいたします。お客様のお悩みには、「法律」の範囲で収まらないものも数多くあります。お客様…

吉田 武広

梅村 武志

司法書士

最小限のコストで最大限のサポートを

各種手続は複雑・煩雑なものが多いのも確かです。本当に専門家の知識と経験が必要な時は任せることも必要ですが、少しの手間でご自身で出来ることには最小限のコスト…

梅村 武志

専門家が投稿したコラム

ソフトウェアライセンス契約を作成するコツ

ソフトウェアライセンス契約書とは ソフトウェアライセンス契約とは、プログラムその他のソフトウェアをライセンスする場合を想定した契約です。 ソフトウェアライセンス契約のポイント ソフトウェアライセンス契約では、契約の成立の有無が問題となるケースがあるので注意が必要です(特に、画面にソフトウェアのライセンス条件が表示されてこれに対しての同意を求めるボタンをクリックしてから、ソフトウェアをダウンロ...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

フランチャイズ契約書を作成するコツ

フランチャイズ契約書とは フランチャイズ契約とは、本部(フランチャイザー)が加盟店(フランチャイジー)に対し、自己の商標の使用許諾、経営ノウハウなどを与えて画一的な事業を行う権利を与える一方で、加盟店(フランチャイジー)が本部(フランチャイザー)に対し、対価(ロイヤリティ)を支払う継続的な契約です。 フランチャイズ契約書のポイント フランチャイズシステムでは、取扱商品や運営方法などの統一をは...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

OEM契約書を作成するコツ

OEM契約書とは OEM (Original Equipment Manufacturer) 契約とは、委託者が自社のブランドで商品を販売するために、受託者(メーカー)に商品の開発・製造を委託した上で、商品の供給を受ける契約です。 開発・製造者と販売者が異なり、販売者が自社のブランド品としてその製品を販売します。OEMにおいて、委託者としては、一定の技術を有する製造業者にその製造及び供給を依頼...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

離婚は未定だが浮気相手へ慰謝料請求

オフィスライト行政書士田中法務事務所の田中圭吾です。 最初に相談されたのは1年ほど前です。 相談者は20歳代後半の女性です。 会社の上司との不倫関係が奥さんに発覚したというものでした。 肉体関係は1度です。 奥さんは当初「今は慰謝料を請求しないが、今後離婚になったなら慰謝料請求をする」と言っていました。 ところが「いまだ離婚するかどうかはわからないが慰謝料を請求する」と変更されました。...

田中 圭吾
執筆者
田中 圭吾
行政書士

婚約破棄・彼の部屋で浮気現場に遭遇

オフィスライト行政書士田中法務事務所の田中圭吾です。 相談されたのは20歳代前半の女性です。 相談者は5年の遠距離恋愛の後、彼と婚約しました。 結納も終わり2か月後に結婚式を挙げることになっています。 先日、相談者は彼に連絡せず彼のマンションに行ったところ、 他の女性を部屋に連れ込んでいるところに遭遇してしまったのです。 当然修羅場になったとのこと。 相談者は婚約を破棄することにしま...

田中 圭吾
執筆者
田中 圭吾
行政書士

サービス

契約書を作りたい方・チェックして欲しい方

英文契約書OK、全国対応

カテゴリ:契約書・内容証明郵便

料金:3,240(税込)

場所:出張/場所指定

中西 優一郎

中西 優一郎

(弁護士)

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家グループ

日本法規情報株式会社

日本法規情報株式会社

どこに相談したらよいか「わからない」 を 「わかる」に変える 相談サポートサービスをご提供。

「知的財産権」に関するまとめ

  • 知的財産権って何?基本事項や疑問について専門家が解説します

    皆さんは「IP」という略称を耳にすることはありませんか。近年様々な言葉の略称として用いられていますが、そのうちの1つに知的財産権(Intellectual Property)があります。
    知的財産権とは商標権や特許権など無形財産に関する権利の総称で、五輪のロゴ問題を始め話題にならない日はありません。ここでは知的財産権についての基本的なことや疑問の解消に役立つ専門家の解説をまとめました。

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積