高齢猫、続く血尿 - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

高齢猫、続く血尿

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2010/05/29 02:13

もうすぐ25歳になる老猫(オス)です。

2月頃はじめて、真っ赤な血尿が出たので
病院にて、血液検査

GPT111
BUN49.3
CRE2.8
で、中期の慢性腎不全と診断されました
今も5日に一度、皮下点滴治療を受けています

血尿の方は、抗生剤注射でも改善されず
エコーがない病院のため、レントゲンのみ撮影。
膀胱の中にうっすらと
ポップコーン状の7mm程度の白っぽい影があったため
過去にもあったので
「ストルバイト結石再発の疑いあり」の診断になりました

高齢で手術などの処置はできないため
ヒルズs/dによる食事療法を続けています

それでも週に何度かは赤い尿が1~2回つづくことがあります

食事療法を、これだけ続けてまだ血尿が出るということは
シュウ酸カルシウムか、腫瘍か
あとは単発で膀胱炎になっているか・・
色々と心配です

単に、腎臓病での血尿というのもあるのでしょうか

補足

2010/05/29 02:13

血尿の様子は、出はじめから終わりまで鮮やかな赤です
時々、血餅が混ざることもあります
表立っては、食欲もあり元気にみえます

ta_koさん ( 奈良県 / 女性 / 37歳 )

回答:3件

続く血尿について

2010/05/29 10:05 詳細リンク

3,4カ月もの間抗生剤を飲んでも治らない血尿となると、単なる膀胱炎というのは考えにくいのかもしれません。
可能性としては、
1.おっしゃる通りシュウ酸カルシウムなどの医療食では溶けない種類の石
2.溶けるタイプの石だが腎臓や尿管、尿道などの溶かせない場所にある石
3.膀胱や腎臓などの腫瘍
4.何らかの免疫力が落ちるような基礎疾患(たとえば猫エイズや白血病など)があり、そのためただの膀胱炎でも治りにくくなっている。

このあたりが可能性として高いのではないでしょうか。
一番困るのが3ですので、これでないということをまずはっきりさせておくべきかもしれません。

4に関しては、すでに血液検査を十分されていれば、もう可能性として除外されているのかもしれませんので、主治医の先生に聞いてみるのがよいかもしれません。

すでに撮影されているかもしれませんが、現時点でのレントゲンを撮り、最初のレントゲンと比較して膀胱の石が小さくなっているかどうかを確認すべきかもしれません。
これでまだ石が写るようだと1の可能性が高くなってきます。

またこのときに、腎臓、尿管、尿道などの見つけにくい場所に小さな石がないかを再確認してもらうとよいのかもしれません。
この検査で2の可能性も否定されると、3の可能性も考慮しなければいけないということになります。
本当はエコーのほうがよいのかもしれませんが、高齢ですし、短時間で検査が終わるレントゲンで見つかるようだと負担は少なくてよいのではないでしょうか。

純粋な腎不全での血尿というのは基本的には少ないと思いますので、2,3の場合、こちらが先にある問題での腎数値の悪化も可能性として考えなければいけません。

年齢的に全身麻酔をかけての検査、治療が困難な状況でしょうから、できる検査なりには限りがあるかもしれません。
ただ、できる範囲での検査、できる範囲での治療で、完治が困難にしても、苦痛のない(あるいは少ない)生活を目指してあげるのも大事かと思います。

負担にならない範囲の追加検査、あるいはすでにある検査結果の洗い直しを検討されてはいかがでしょう。

撮影
腫瘍
検査
治療

回答専門家

沖田 将人
沖田 将人
(富山県 / 獣医)
アレス動物医療センター 院長
0766-25-2586
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

アレス(Alles)とはドイツ語で「あらゆること」を意味します。インフォームドコンセントの充実、夜間救急診療、年中無休など動物たちの幸せにつながることなら、飼い主様のあらゆる要望にお応えしたい。そんな願いを込めて診療に取り組んでいます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
飯島 治

飯島 治
獣医

3 good

尿検査が重要です.

2010/05/29 18:47 詳細リンク

尿検査をどの程度実施しているのかが気になります.
適切な検査がされていれば結石の種類はほとんど分かりますし(結石症の場合),無菌的な採尿をすれば抗生物質の種類が合っていたかどうかも分かります(細菌性膀胱炎の場合).

この症例の場合は,特に尿沈渣の精査をお勧めします.
尿沈渣を診るためには病理学的な知識や経験が必要なため,省略されてしまうこともあるようですが,検査センターを利用することもできるはずですから,ぜひ診てもらってください.高齢猫に負担を掛けずに,非常の多くの情報を得ることができます.

また,いくら検査をしても積極的な診断ができない難治性の膀胱疾患も知られています.この場合,治療は困難ですが,漢方薬で症状を抑えることができる場合があります.

検査
診断

Re:高齢猫、続く血尿

2010/06/03 13:23 詳細リンク

尿が赤くなる原因はいくつもありますが、まずは本当に赤血球が混入しているのかは調べたでしょうか?
尿が赤いことは血尿と同じではありません。
血液の色素が混ざった血色素尿というのもあるので注意が必要です。
本当に血尿であったのであれば出血している部位があるはずです。
それは腎臓、尿管、膀胱、尿道のいずれかであり、腎臓からの出血もあれば結石や膀胱炎、腫瘍なども可能性のひとつです。
かなり高齢ですからどのような原因もありえると思います。
しかし尿検査によって多くのことが分かりますし、抗生剤や抗炎症剤などの薬もある程度の期間投薬する必要もあります。
あまり治療効果がないのであれば、改めて相談をし検査など行ってみてはいかがでしょうか。

腫瘍
検査
血液

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

「ペットの不調」に関するまとめ

このQ&Aに類似したQ&A

嘔吐がひどいです。うちの犬はガンなのでしょうか? Applemint0225さん  2013-02-27 23:10 回答1件
腫瘍摘出迷ってます もらい猫さん  2012-08-10 17:06 回答1件
脳腫瘍と診察された猫です れこさん  2012-07-16 18:30 回答1件
似たような質問なのですが‥ mayuand9さん  2011-04-23 12:25 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

レッスン・教室

お筝(琴)教室 レッスン&作法

お筝(琴)教室 レッスン&作法  お教室は広尾ガーデンヒルズ

松井 千恵美

桜ことスクール

松井 千恵美

(マナーコンサルタント)

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(東京事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)