社会保険の扶養について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社会保険の扶養について

マネー 年金・社会保険 2009/10/30 03:34

9月末でパートを退職し、夫の社会保険の扶養に入っています。ただ、私は在宅でデータ入力の仕事をしていて、9月までのパート収入約92万と1月〜12月までの在宅収入が42万程となる予定です。年130万を超えると夫の扶養には入れないとのことですが、私は扶養から外れなければならないのでしょうか?外れるとすればいつから?外れなくてもいいのであれば確認したいのですが、毎年年末近くになると夫の会社から年間の収入金額を聞かれます。このとき134万と言っても大丈夫なのですか?

ddlalaさん ( 長崎県 / 女性 / 32歳 )

回答:3件

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

社会保険の扶養について

2009/10/30 08:59 詳細リンク

こんにちわ。FPコンサルティングの岡崎です。

基本的に年間収入130万を超えていると扶養になれませんが、所属の健康保険組合により多少基準が異なります。
ddlalaさんは在宅でそれは確定申告されるのでしょうか?そうすると経費もあるでしょから所得が130万未満になり、所得130万基準のけんぽ組合は扶養になれます。
しかし一般に年収130万超えれば扶養に入れないところが多いですので、今後は収入の下限に注意が必要です。

まずは一度ご主人の健康保険組合に確認してください。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

収入金額の考え方について

2009/10/31 05:36 詳細リンク
(5.0)

ddlalaさんへ
おはようございます。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

年末近くにご主人から年間の収入金額を聞かれるのは、
社会保険の扶養のこともあるのですが、もう一つは源泉徴収される所得税の計算のために必要だからです。

在宅収入についてですが、

お仕事を受けている先から給与所得として申告するように指示を受けている場合は、受け取った金額そのままを申告することになります。

給与所得以外で申告する(事業所得・雑所得)ように指示を受けている場合は、在宅収入を得るためにかかった必要経費もこの機会に計算しておきます。
申告する金額は、収入と必要経費の両方です。

今年の収入は130万円を超える可能性もあるようですが、来年度はパート収入がなくなって収入が少なくなるのでしょうか。社会保険の扶養の考え方については健康保険制度によって異なるところがございますので、今のうちにご主人がお勤めの会社にご確認されることをお勧めします。

評価・お礼

ddlalaさん

とても詳しく説明していただき、よく理解できました。
ありがとうございます。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

社会保険被扶養者となる為の認定基準としては!

2009/10/30 19:48 詳細リンク
(4.0)

ddlala様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、ddlala様からのご質問につきましてお応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.ご主人さまの社会保険被扶養者となる為の認定基準としては、
ddlala様の年収が130万円未満でかつご主人さま(被保険者)の年収の半分未満で判断されると思います。


2.そこで、ddlala様の年収に対しては、

(バイト収入92万円(給与収入))+(在宅収入42万円(雑収入)-必要経費))<130万円

であれば、ご主人さまの被扶養者の範囲とされると考えます。


3.しかし、ddlala様の年収が被扶養者の範囲をオーバーすると資格がなくなりますので、直ちに被扶養者(異動)届及び必要書類一式をご主人さまの勤務先の総務経由で、社会保険事務所もしくは健康保険組合へ提出しなければばりません。

以上

評価・お礼

ddlalaさん

順序よく説明していただき、わかりやすかったです。
被扶養者の範囲は夫の会社に確認してみようとおもいます。ありがとうございました。

質問者

ddlalaさん

在宅分の経費等について

2009/10/31 09:34 固定リンク

在宅分の経費ですが、家賃や電気代、ネットのプロバイダ代など一部を経費にできると聞いたことがあります。ただ、すべて夫の名義なので領収書やATMの振込人が夫になっています。私の名前ではないのでこれではダメですよね…。去年の確定申告は税務署の人が適当に経費を記入していくらか税金を安くしてくれました。だけど今年もそうとは限らないので。来年はパート収入はほとんどなくなり、収入は激減すると思います。それと130万こえるのは12月からで現在はまだこえてません。もし自分で社会保険に入るとして来年また夫の扶養に入るのですか?あと実は11月に出産を控えています。その際保険証が必要なのでなくなると困ります。12月だけ自分で保険に入ることってできるのですか

ddlalaさん (長崎県/32歳/女性)

質問者

ddlalaさん

来年の収入について

2009/11/01 09:04 固定リンク

おはようございます。来年の収入が130万を超えることはないと思います。今年も130万を超えるのは12月だけです。それから経費ですが、電気代など多少あるのですが、それらの領収書はすべて夫の名義です。あとネットのプロバイダ代は口座引き落としなので領収書も明細も送られてきません。そのような時はどうするのでしょうか?ちなみに、去年は税務署の人が収入に対する経費はこの位だと適当に計算し領収書なしでも税金をいくらか安くしてくれました。

ddlalaさん (長崎県/32歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

退職後の社会保険の支払いについて maldivesさん  2012-08-25 13:23 回答1件
パート収入と国民健康保険について。 おおくまさん  2008-11-13 16:52 回答2件
夫の扶養に入れますか? ティラミスさん  2007-06-26 16:44 回答1件
扶養と失業給付と訓練校 みゆよさん  2014-06-07 18:05 回答1件
扶養内での社会保険について コロママ929さん  2013-09-25 18:43 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)