社会保険の扶養について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社会保険の扶養について

マネー 年金・社会保険 2009/10/14 18:13

現在、主人の扶養に入っていて、第3号です。主人の保険は協会けんぽです。私自身今月から仕事を始めて、日給7,500円、月15日勤務です。また、契約期間が来年の3月末までで、更新は今のところ未定です。そこで質問ですが、社会保険もやはり、第3号ではなくなり、自分自身で、社会保険をかけるようになるのでしょうか?手続きはどういった事をしないといけないのでしょうか?

カオリ1さん ( 高知県 / 女性 / 33歳 )

回答:1件

山宮 達也 専門家

山宮 達也
ファイナンシャルプランナー

- good

社会保険の扶養手続について

2009/10/18 21:33 詳細リンク

はじめましてカオリ様 FPの山宮と申します。

健康保険の扶養は働いた時点から将来に向かって年収130万未満か
どうかで判断します。
カオリ様の場合は、日給7,500円、月15日勤務とのことなので、
月に112,500円となり、これに交通費が支給されている場合には交通費
も含めて判断されます。
月に直すと108,333以下であれば、ご主人の扶養に入れますが、半年しか
働かない場合でも、112,500円×12ヶ月として判断されますので、今回は
残念ですが、扶養をはずさないといけなくなります。

手続としては、
ご主人の会社の健康保険の扶養をはずす手続をしてから、市町村役場に
行って、国民健康保険の手続と、併せて国民年金第1号被保険者として
の手続をされてください。
カオリ様のご主人の会社の健康保険の被扶養者の資格が喪失した証明書や
国民(基礎)年金手帳が必要と思いますので、一度役所に必要書類を確認
してから手続に行かれると良いと思います。

回答専門家

山宮 達也
山宮 達也
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
070-4004-0236
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

相談者自身が考えて行動を起こせることを目指します

知らないと損することが多い世の中です。保険や公的な手続きは、自分からアクションを起こさないと得られるものはありません。相談者のお話をよくお聞きして、相談者自身が自らアクションを起こせるようなアドバイスを行ってまいります。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

主人の扶養に入ったほうが得ですか? golden-milkさん  2011-09-09 15:24 回答1件
派遣の雇用保険について らーめんさん  2009-04-16 20:54 回答1件
失業保険の受給と夫の扶養に入るタイミング ばると1204さん  2010-11-05 13:10 回答1件
退職から結婚までの事務手続きについて みみロボットさん  2010-10-20 13:46 回答1件
退職後の手続について カウンセラーはるさん  2009-02-21 09:27 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)