一括償却について - 会計・経理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

一括償却について

法人・ビジネス 会計・経理 2009/07/26 17:37

30万円未満のものを一括償却できるそうですが、3年で償却費を計上するのも任意でしょうか?

補足

2009/07/26 17:37

法人の決算ですが、赤字が大きいので償却費を計上したくないのですが、任意でしょうか?一括償却をつかう時の考慮すべき事があれば教えてください。

yukkoさん ( 大阪府 / 女性 / 52歳 )

回答:2件

中村 亨

中村 亨
公認会計士

1 good

一括償却資産について

2009/07/27 17:31 詳細リンク

まず、3年で償却が可能な資産は取得価額が20万円未満のものです。
税務上では年度ごとの償却限度額を定めているだけですので、会計上償却していない場合には償却費の計上は後の事業年度に繰り越すことが可能です。(会計上の償却は任意)

なお、取得価額の判定には購入対価だけでなく据付費・運送費等の資産の取得に直接要した費用も含まれますのでご留意ください。

-参考までに以下に資産の税務上の償却区分を列挙します-
(1) 取得価額が10万円未満の償却資産・・・一時に損金処理が可能です。
(2) 取得価額が10万円以上20万円未満の償却資産・・・3年償却が可能です。
(いわゆる一括償却)
(3) 青色申告法人である中小企業者等(資本金が1億円以下の法人のうち一定のもの)は
取得価額が30万円未満の償却資産につき年間300万円を限度に一時に損金処理が可能です。
(4) 取得価額が30万円以上の償却資産・・・法定耐用年数により償却

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


一括償却資産は20万円未満ですが

2009/07/26 21:06 詳細リンク

こんにちは。
個人事業の場合の所得税の取扱、という前提でお答えします。
まず、取得価額が10万円未満のものはその全額を必要経費に計上し、減価償却をする必要はありませんね。
次に、お尋ねの一括償却資産ですが、取得価額が20万円未満のものが対象となっており、3年間で均等に償却費を机上することとされています。
さらに中小企業の少額減価償却資産の特例というものがありまして、取得価額が30万円未満のものは、やはり減価償却することなく、取得して事業に供した年の必要経費として計上することができます。
お尋ねの一括償却資産の取扱は取得価額が20万円未満です。償却は3年間で均等償却。
所得税の減価償却は任意ではありません。
あと、取得価額が20万円を超える減価償却資産は、所得税では30万円未満であれば一時の必要経費で計上できますが、地方税の固定資産税の償却資産申告は必要となります。
以上簡潔にお答えしてみました。
必要であれば、個別具体的な事例でお尋ねください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

平岡 美香

フードコンサルティング株式会社

平岡 美香

(マーケティングプランナー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)