保険の見直しについて - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険の見直しについて

マネー 保険設計・保険見直し 2009/05/22 01:03

保険の見直しに関してお知恵を貸して頂きたく思います。
私は28歳の専業主婦で子供は1人です。(6ヶ月)
現在入っている保険(主人分のみ入っています)
?個人年金 月額¥10000
?終身保険 月額¥13000【死亡¥3500万・入院日額¥7000・所定の手術を受けた時¥10万〜¥40万】
?学資保険 月額\10000【18歳で満額。180万】
個人年金に関しては老後のためこのまま継続していくつもりです。終身保険は主人の母が4〜5年前契約して受取人は主人の母となっていました。長男を出産したので受取人を私と変更する事になりました。そこで保険の金額をどうすればいいか悩んでいます。営業担当さんに聞くと、この保険は65歳まで払い込みの終身保険で、15年毎の更新となり現在の保障のままでいくと10〜11年後には月額¥20000、さらにその後はさらにあがるそうです。65歳まで払い続けれるか自信がありません。死亡保障を減らし、定期保険等を併用するべきでしょうか。
また、もう1人子供がほしいと思っていますが、教育資金等不安でためらっています。子供が2人になった場合上記にプラスして学資保険に入るべきでしょうか。もし子供が大学までいきたいと考えるならば、かなえてやりたいと思っています。
家は主人の実家(築5年)に主人の母と一緒に住んでいて、ここにずっと住む予定なので新しく住宅を購入する予定はありません。主人(26歳)の手取りは現在、月額¥20万と年2回のボーナスで年間\280万程です。子供が幼稚園に行きだしたら私も働く予定です。

tamakitiさん ( 兵庫県 / 女性 / 28歳 )

回答:6件

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

今のお金と長期的なお金とのバランス

2009/05/22 10:39 詳細リンク

tamakitiさんへ
おはようございます。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

保険のこと、いろいろと悩みますね。
一つづつお話をしていきたいと思います。

1.個人年金保険
継続したいというお気持ちがあるようですね。何歳から、何年間、いくら受け取られる予定でしょうか。受取額が確定しているのは安心ですね。ただ、物価上昇でお金の価値が変わってしまうことも考えられます。(過去40年間で物価はおよそ3倍になっています。)もし、そのことが気になる場合、投資信託の積立などリスクをとった運用も選択肢に入って来るようにも思われます。

2.終身保険(定期付?)
保険料が上がることが特に気にかかっておられるようですね。保険料が上がる多くの原因は、掛け捨ての死亡保障や医療保障などの特約の部分にあるようです。加えて、今の保障内容もご確認されてはいかがでしょうか。また、死亡保障額の見直しも定期的に行うことで保険料のアップを抑えられるように思われます。
ある程度の死亡保障が必要な場合、リスク細分型の保険を使う、段階的に死亡保障が少なくなる保険の活用によって、保険料を安くできる場合もあります。

3.学資保険
学資保険以外にも貯蓄性と保障とを両立させる方法はあります。また、すでに死亡保障が足りている場合は、学資保険にこだわらなくても良い場合があります。2.の終身保険とあわせて考えられることをお勧めします。

すべてをあわせて考えると、保険のことだけでなく、ライフプランも含めて考えられると、よりふさわしい保険になるように思われますがいかがでしょうか。今必要なお金と長期的に必要なお金とのバランスを上手に取ることがポイントになるように思われます。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

必要な保障を整理してみましょう

2009/05/22 13:18 詳細リンク

はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの宮里です。

2の保険は、定期付き終身保険というもので、主契約の終身保険に、特約として定期特約や、医療特約などが付いているものだと思います。

保険は、万が一の時の経済的なリスクのために加入するものだと思います。
なので、まずは必要な保障を整理してみることが大事ですね。
ご主人が万が一の時には、遺族基礎年金(私のコラムをご覧くださいませ。)や、会社員ならば遺族厚生年金も支給されます。

こういうものと、奥様の収入によっても、必要保障額が変わってきます。
3の学資保険には、養老年金などもついていませんか?
満期金が元本割れするので、保障が付いているタイプだと思います。
それもプラスして考える必要がありそうですね。

必要な保障を整理することが、無駄な保険料をなくすことでもありますね。
詳しいご質問などあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の見直しの件

2009/05/23 12:51 詳細リンク

tamakitiさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『死亡保障を減らし、定期保険等を併用するべきでしょうか。』につきまして、現在、加入している生命保険は定期保険特約付きの終身保険となりますので、ご記入されているとおり、今後は更新毎に支払い保険料が上がってしまいます。

尚、お子様の教育資金も成長していくにつれて、また、二人目のお子様が生まれた場合、かかるようになりますので、今後、更新毎に保険料が上がっていくと家計にとっては大きな負担になっていくものと思われます。

よって、この機会にお子様が例えば、大学を卒業する頃まで保険料が上がらずに済むような保険に加入し直しなどの見直しを行っておくことをお勧め致します。
・解約払い戻り金抑制型の定期保険
・逓減定期保険
などに必要な保障期間今のうちから加入しておけば、途中から更新をすることがありませんので、保険料も安くすることができます。

特に、住宅は既にありますので、住宅ローンなど住居費用相当額分は保証人確保する必要はありません。

また、この機会に医療保険につきましては、特約で保証人付けるのではなく、別途、終身型の医療保険に加入し直すようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

総括的に見直されては・・・

2009/05/22 06:32 詳細リンク

はじめまして、tamakitiさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


現在、ご主人様が加入されているのは定期保険付き終身保険というものだと思います。

主契約で終身の死亡保障が数百万円準備されており、その上乗せとして定期保険が付いていると思います。

まずお子様が大学を卒業するまでの期間が大きな保障が必要な期間になります。

二人目もお考えと言う事ですので、家族環境が変化しても対応できるような保険加入を検討された方が良いでしょう。

また学資保険も検討されていますが、現在加入している学資保険も月額1万円で18年保険料を払って180万円と保険料総額約210万円に対してもらえる額の方が少なくなっています。

ご主人様の死亡保障で生活費を考える中で、教育費も含まれていると思います。
教育費を貯めるつもりがマイナスになっているのもおかしな話ですね。

個人年金も保険商品で運用している事で手数料などご自身で運用した場合より余分な経費を払っているようなものです。

ご主人様の会社で企業年金が無い場合などは、確定拠出年金の個人型にも加入できます。
他には変額個人年金というようなものもあります。

現在の保障も15年後には保障額が減少しているでしょうから、定期部分の減額も考えられます。

一度、ライフプランなど総括的にプランを出してもらえるFP事務所へ相談に行かれると良いでしょう。

tamakitiさんのご家族の問題点も発見でき、無駄の無い保障も提案してもらえると思います。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

新規加入を検討したほうが安く確保できます

2009/05/22 07:00 詳細リンク

tamakitさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

必要保障額は一番下のお子さんが生まれた時がピークでその後はだんだんと減っていきます。
おそらく次の更新のときは定期部分を減額して更新できるでしょう。
しかしながら今は更新のないタイプで安い保険が出ていますので
それまで待たずに見直すこと検討したほうがいいでしょう。

死亡保険、医療保険と別々に入ったほうが更新もなく、かつ安く確保できます。

見直しにあたっては非喫煙、優良体などで安くなるリスク細分型の保険もありますのでご自身で調べるより、FPに相談する方が手っ取り早く見直すことができるでしょう。

学資保険は払込保険料総額ともらう金額を比較してみましょう。
月1万円を18年払うと保険料総額は216万円です。受け取る満期金が180万円ということは元本割れですね。
万が一の場合の学費は死亡保険で確保すればこれに保障(万が一の場合は以後の保険料の支払がなくなる)は必要ないと思いますよ。
預貯金の積み立てであれば、すくなくとも元本割れはしません。

できれば、積立投資信託などを考えてみましょう。
大学資金としては300〜500万円ほどは準備したいものです。

同じように年金保険もあまり良い利回りではないと推測します。
老後資金は保険でなくとも貯蓄でそなえることもできます。

教育資金と老後資金は保険ではなく、積立をしましょう。


ゼロからの見直しをお勧めします

2009/05/22 09:48 詳細リンク

tamakitiさん、こんにちは。生保16社を扱うファイナンシャルアソシエイツの藤井です。

現在の保険は、多分、将来に向けての必要保障額を計算して設計したものと思いますので、この際、tamakitiさんのご家族にとって、どんな保険が相応しいかを、ゼロから検討されることをお勧めします。ご主人がまだ26歳であれば、今までのものに拘ることはないと思います

では、順を追って。

1)まず、''死亡保障''ですが、保険会社や保障内容の詳細が不明なので、確かなことは言えませんが、現在ご加入の保険は、終身部分が極めて少ないか、ひょっとしたらゼロのアカウント型と言われる保険だと思います。この保険自体、既に掛け捨ての定期保険がメインの商品です。

15年ごとに保障内容を見直しすること自体は悪いことではありませんが、もっと納得感の高い保険は世の中にたくさんあり、見直しは、これから数十年保険料を支払い続けることを思えば、tamakitiさんの家計にとって大きな効果をもたらします。

2)次に''年金保険''ですが、これも、最近の商品であれば、低金利で長期運用をすることになりますから、26歳の方にとっては、老後の心配より、まずはこれからのご家族の生活のことを考えて使った方が、お金は喜びます。
このまま続けられるとのことですが、これも見直し検討の対象かと思います。

3)最後に''学資保険''ですが、もし大手生保の商品であれば、余計な特約がついていないか、支払う保険料に対してもらえる学資金はいくらかを計算してください。元本割れする、もしくはトントンであれば、これも一度見直されては如何でしょう。

見直しとは、変更するということではなく、ご自身の保険が、今の生活にあったものかどうかを''検証''する作業です。必要とあれば、見直しのお手伝いをさせて頂きますので、ファイナンシャルアソシエイツまでお気軽にご依頼ください。

質問者

tamakitiさん

保険見直しの件

2009/05/23 22:03 固定リンク

早急の回答、ありがとうございました。
終身保険に関しては定期分を除いた主契約の終身の死亡保障がいくらになるか、調べて再検討していきたいと思います。
学資保険は調べましたら、医療保障と養育年金が特約としてついていました。ですが、すべて必要か考え直そうと思います。
主人は転職を考えているようなので会社の企業年金などは考えてもいませんでした。転職しましたら、企業年金があるかどうか必ず確認してみます。ご指摘されて、あらためて契約書を見ると本当にいる分といるかわからない分がセットになってたりしていますね。
本当に必要な保障がいくらなのか、トータルでいくら支払うのか、計算してみます。
ありがとうございました。

tamakitiさん (兵庫県/28歳/女性)

質問者

tamakitiさん

保険見直しの件

2009/05/23 22:12 固定リンク

早急の回答、ありがとうございました。
終身保険に関しては定期分を除いた主契約の終身の死亡保障がいくらになるか、調べて他の保険に新規加入することも含めて再検討していきたいと思います。
学資保険は調べましたら、医療保障と養育年金が特約としてついていました。
ですが、医療保障と死亡保険、別に入るという考え自体がなかったので別々の保険も探してみます。自分の家族に本当に必要な保障がいくらなのか、トータルでいくら支払うのか、計算してみます。
ありがとうございました。

tamakitiさん (兵庫県/28歳/女性)

質問者

tamakitiさん

保険の見直しに関して

2009/05/23 22:16 固定リンク

早急の回答、ありがとうございました。
終身保険に関しては定期分を除いた主契約の終身の死亡保障がいくらになるか、調べて他の保険に新規加入することも含めて再検討していきたいと思います。保険のしくみ自体にうとく、定期保険のことも知りませんでしたので、中身がわかりすっきりしました。
学資保険は調べましたら、医療保障と養育年金が特約としてついていました。元本割れですが、医療保険が付いているので変更するか少し悩んでいます。
自分の家族に本当に必要な保障がいくらなのか、トータルでいくら支払うのか、もう1度計算してみます。
ありがとうございました。

tamakitiさん (兵庫県/28歳/女性)

質問者

tamakitiさん

保険の見直しの件

2009/05/23 22:23 固定リンク

早急の回答、ありがとうございました。
年金保険に関しては468万払い込みで、1括なら583万、10年分割受け取りなら621.9万の受け取りですので特かなと考えたのですが、投資信託などのほうがいいのでしょうか。
終身保険に関しては定期分を除いた主契約の終身の死亡保障がいくらになるか、調べて他の保険に新規加入することも含めて再検討していきたいと思います。新しく入った場合も定期的な死亡保障の見直しも忘れないようにします。
学資保険は調べましたら、医療保障と養育年金が特約としてついていました。元本割れですが、医療保険が付いているので変更するか少し悩んでいます。
自分の家族に本当に必要な保障がいくらなのか、トータルでいくら支払うのか、もう1度計算してみます。
ありがとうございました。

tamakitiさん (兵庫県/28歳/女性)

質問者

tamakitiさん

保険見直しの件

2009/05/23 22:26 固定リンク

早急の回答、ありがとうございました。
終身保険に関しては定期分を除いた主契約の終身の死亡保障がいくらになるか、調べて他の保険に新規加入することも含めて再検討していきたいと思います。新しく入った場合も定期的な死亡保障の見直しも忘れないようにします。遺族年金は聞いたことはありましたが詳しくは知りませんでした。計算してみようと思います。
学資保険は調べましたら、医療保障と養育年金が特約としてついていました。元本割れですが、医療保険が付いているので変更するか少し悩んでいます。
自分の家族に本当に必要な保障がいくらなのか、トータルでいくら支払うのか、もう1度計算してみます。
ありがとうございました。

tamakitiさん (兵庫県/28歳/女性)

質問者

tamakitiさん

保険見直しの件

2009/05/23 22:49 固定リンク

早急の回答、ありがとうございました。
・解約払い戻り金抑制型の定期保険
・逓減定期保険
の2つの意味がわからないので教えていただいてもよろしいでしょうか。死亡保険でも色々な組み合わせやタイプがあるんですね。
医療保険はたいてい他の保険とセットになっているので別々に入ることは考えてみませんでした。医療保険のみでどんなタイプがあるか保険の営業さんに聞いてみようと思います。

自分の家族に本当に必要な保障がいくらなのか、トータルでいくら支払うのか、もう1度計算してみます。
ありがとうございました。

tamakitiさん (兵庫県/28歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
保険見直し中のアドバイスをお願いします mikenekosさん  2013-01-31 12:06 回答1件
出産による保険の見直し yumohashiさん  2010-03-13 17:05 回答6件
家計と保険の診断お願いします モモスケさん  2008-07-10 01:27 回答4件
保険の見直しが必要かどうか はるままさん  2007-12-18 21:38 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)