保険の見直しを考えております - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

保険の見直しを考えております

マネー 保険設計・保険見直し 2009/02/17 12:10

初めまして。35歳独身女性です。
養老保険とガン保険に加入しており養老が年払いで約11万、ガン保険は約4万支払いしております。
ガン保険に特約でガン以外の病気、怪我で入院した場合でも1日5000円が支給されるものが付いているので養老保険の入院特約を外そうかと考えております。
保険会社の方に相談したところ入院特約を外すより死亡保障を2千万から1千万に減額するか、災害給付と災害死亡割増の特約を外すほうがよいのでは?と提案されました。
入院特約は入院日数10日以上でないと適応されない為外そうかと思ったのですが、10日以上の入院にこそお金が必要になるのではと言われ悩んでおります(10,000円支給)。
専門家の方の意見をお聞き出来ればと思い質問させて頂きました。
どうか宜しくお願いします。

またガン保険ですが、ガン以外の入院が1入院60日までの保障となっております。
色々ネットで調べていると日数が短いとの書き込みが多く、解約して新たに加入すべきか別の保険に追加で加入しべきか悩んでおります。
こちらのほうも宜しければご助言お願いします。

ゆめかさん ( 東京都 / 女性 / 35歳 )

回答:6件

清水 光彦 専門家

清水 光彦
ファイナンシャルプランナー

- good

養老保険の解約・減額はお勧めできません

2009/02/17 14:38 詳細リンク

こんにちは、清水保険資産設計[[http://www.sifp.ecnet.jp:http://www.sifp.ecnet.jp FPの清水光彦です。

養老保険は、多分、予定利率の高い時期にご契約されたものでしょうから、解約や減額はお勧めしません。

入院特約は10日以上の入院が対象のようですが、これは考え方によっては、とても良い特約です。

現在、保険会社は「1泊2日入院」もしくは「日帰り入院」から保障することをアピールしていますが、もともと「日帰り入院」を保障してもらう必要があるのか?という根本的な疑問があります。

「ガン以外の入院は60日限度」をご心配されているようですが、ゆめかさんが会社員もしくは公務員であれば、当面はあまり心配は必要ないでしょう。健康保険で収入も保障されていますから。

いずれにしても、きちんとご判断いただくためには、きちんとした説明を受けていただくことが必要だと思います。

当社では、FPとして公正中立な視点で保険見直しのご相談に応じています。
3月より、銀座でもご相談を承りますので、
清水保険資産設計 http://www.sifp.ecnet.jp をご覧ください。

回答専門家

清水 光彦
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)
株式会社清水保険資産設計 代表取締役

あなたの将来をアシストする"ファイナンシャルプランナー"

限りある人生、夢を実現するには人生の設計図が必要です。保険の見直しをはじめとする保険設計、資産計画の作成、資産形成と管理保全などをサポートしています。お金で悩まず、人生を楽しむためのトータルファイナンシャルプランを実現できたらと思います。

清水 光彦が提供する商品・サービス

対面相談

専門家FPの保険コンサルティング

保険の内容や保険料のギモンを専門家FPがスッキリさせます!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

入院した時の収支をだしてみましょう。

2009/02/18 10:38 詳細リンク

ゆめかさん。はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの宮里と申します。

入院した時の医療保険については、高額療養費制度や傷病手当金(私のコラムをご覧ください)を考慮して、収支をだしてみましょう。
そして、例えば、日額5千円で十分と思えば、養老保険の特約は、はずしていいと思います。

また、今がん保険に特約としてつけているのは特約MAXだと思いますが、たとえば、癌の場合は、がん保険からしか支給されません。
普通の医療保険では、癌でも、入院給付金は支給されますし、1入院が60日では不安な場合は、120日のものに加入しなおされてもいいかと思います。

詳しいご質問などあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2009/02/17 12:38 詳細リンク

ゆめかさん、こんにちは。フォートラストの大関です。

まずは、端的なとこから行きましょう。

>1.この保険会社のアドバイスは、あまり適切でないように思われます。

2.「10日以上の入院にこそお金が必要になるのでは?」に対しては
「今後20日以上の入院がさらに激減する」ということを考慮すると
信憑性に欠ける見解に感じてしまいますね。
→1日目から利く30日型という安いものもありますし・・・<

独身女性としては、
「家族のため」でなく「自分のための保険」でいいわけですので
終身保険 or 終身医療保険 or 終身がん保険などをチョイスして
行くことでもいいと思います。
例えば、
>がんを含めた女性疾病入院時:日額10,000円 その他の入院時:5,000円
がんと診断された時:50万円
60歳時の年金原資350万円込みの一生涯死亡保障500万円<
こんなオーダーメードだって組めるわけです。参考にしてみて下さい。

私のコラムもご参照下さい。
↓↓↓

(養老保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/33643

(医療保険とがん保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/44457

(医療保険の商品価値は下がっていく?・・・その1)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/44459

(医療保険の商品価値は下がっていく?・・・その2)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/44460

(商品選定の前にニーズ確認を!実例編)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31447

(終身保険≠葬儀費用?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28792

(終身介護保障保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28426


以上ですが、ご不明な点がございましたら、個別にお問い合わせ下さい。
[ohzeki@fourtrust.co.jp

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

病気もけがも生涯保障のある保険を!

2009/02/17 12:49 詳細リンク

ゆめかさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

養老保険ですが、入院が10日から保障とすると、加入されたのは随分古いのではないかと推測します。養老保険は貯蓄性(利回り)次第では主契約は減額しない方がいいかもしれません。
災害の特約は上乗せで必要でなければ解約してもいいですね。

入院保障に関しては満期とともになくなりますので、別に保障を確保できたら、いらないのではないかと思います。

がん保険に特約でついているというのは特約MAXのことでしょうか?
60日というのは終身の保障と考えるならば短いと思います。
平均入院日数はもっと短いのですが、65歳以降の脳血管疾患などにも備えたければ120日はあったほうがいいと思いますよ。

また特約MAXの場合は90歳以降のケガによる入院は不担保です。
この年齢になると、転んだだけでも大たい骨骨折で入院という話をよく聞きます。
できればけがによる入院も終身あったほうが安心ですね。

べっと120日タイプで生涯保障のある医療保険を5000円程度加入してはどうでしょうか?
がん保険+特約が終身払いですと、こちらは60歳払にしてはいかがでしょう?

ひとつ注意点があります。
古い保険では視力回復のためのレーシックが手術給付の対象となりますが、新しい保険では対象外です。その予定がなければ問題はありませんが・・・

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

減額をされて・・・

2009/02/17 17:42 詳細リンク

はじめまして、ゆめかさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


養老保険の保障は2,000万円なのでしょうか。
女性の方で、それだけ多くの保障は必要でしょうか?
また独身という事ですので、さらに万が一亡くなられた後に生活が困窮される方はおられるのでしょうか?

いくら養老保険で、満期の時に死亡保障と同額の金額を受け取れるとしても必要のない保障へお金を使われなくても良いと思います。

保障額を減額されて、医療特約の入院日額も減額をされると保険料を抑える事が出来ますね。

入院日数も、最近では短くなる傾向がありますが、やはり長期の入院も考えられます。

しかし、それも差額分を貯蓄されておけば、安心ではないでしょうか。

払い済み保険という方法もありますが、これは解約返戻金を元に保障額を再計算しますが、保障額は少なくなる場合が多いですし、特約は解約になります。

ご自身の不安材料と保障や自助努力での準備によっては、保険で準備する必要は少なくなります。


1入院限度日数 と 養老保険について

2009/02/19 00:54 詳細リンク

ゆめかさん
はじめまして、茨城のFP、松本です。

ご不安の2点についてアドバイスいたします。

-----------------------
1、1入院60日限度について

「60日では短いか?」については、
専門家でも賛否両論あるところです。ネット上では尚更でしょう。

今後ますます入院の短期化が進むでしょう。
現状平均20日ぐらいです。
欧米の平均値に比べたら、これでも長いと言われています。

視点を変えて、以下の見直しも考慮してみてください。

・より短期の保障を重視し、日額10,000円にする。
支給される額は、5,000円で120日分と同じです。
今後主流の短期入院では、さらに安心です。

・女性疾病特約などを付帯(特約MAXであれば)

--------------------------
2、養老保険

ゆめかさんにとって、年間11万円の負担が厳しいものでなければ、
契約年が1999年以前ぐらいを基準に、古いものであれば、
解約は避けた方がよいでしょう。
保障としてではなく、貯蓄として得です。

ちなみに、予定利率(利回り)の目安は、
96年頃までは約3.75%
99年頃までは約2.75%
-----------------------

以上、2点参考にしてください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
保険の見直しについて sandalwoodさん  2008-11-12 09:50 回答5件
保険、何を削るか ハルコさん  2008-08-10 17:12 回答6件
保険の見直しを検討しています ビーストさん  2013-01-22 15:34 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)