個人年金の相続について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人年金の相続について

マネー 年金・社会保険 2009/02/02 22:16

個人年金保険を勉強中です。一時払い保険料の資金を持っているのは父(高齢で被保険者になれない年齢)。父が亡くなった際、相続手続きが大変ということで個人年金保険を考えているケース。父が亡くなってスムーズに息子が積立金または年金原資を受け取れる方法はありますか?

hitohaさん ( 埼玉県 / 女性 / 48歳 )

回答:3件

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

年金の相続

2009/02/03 08:04 詳細リンク

こんにちわ、独立系FP会社、FPコンサルティング[http://www.fp-con.co.jp]の岡崎です。

年金商品でしょうか?受給前と受給後で異なります。受給前なら受取人に、受給後なら相続財産。スムーズにするのでしたら一時払い終身保険がベターでしょう。受取人を指定しいればその人に保険金が支給されますので。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
大村 貴信 専門家

大村 貴信
ファイナンシャルプランナー

- good

個人保険の件

2009/02/04 16:24 詳細リンク

hitohaさま

はじめまして、保険給付に強いFP(相続FP)大村貴信と申します。

率直に申し上げます。

年金保険をご契約し、受取人を息子さんにしてください。

それで完了です。

さらに節税をということでしたら、詳細を伺わねばなりませんが・・・・・

受取りに関してはこれで問題なしです。

それは、お亡くなりになった際には、受取人固有の財産になるからです。

相続財産ではないので遺留分も関係なく、受取ることができます。

もし、分かりにくいようでしたら、またお気軽にお声をかけてください。

よい相続ができますように!

回答専門家

大村 貴信
大村 貴信
(ファイナンシャルプランナー)
イーエフピー株式会社 ファイナンシャルプランナー、相続FP

保険の目的は給付をもらうこと。だから一生のお付き合いをしたい

「保険は人間の気品の源泉である」と福沢諭吉先生が「西洋事情」という著書で紹介された保険は、誰かの役に立つ・愛のある商品です。貴い真心とゆうきをもって夢に向かってお客様と一緒に保険を設計してまいります。

加藤 惠子

加藤 惠子
ファイナンシャルプランナー

- good

個人年金の相続について

2009/02/03 09:59 詳細リンク

hitoha様

FPの加藤です。

相続対策として個人年金を利用する方法を一つご紹介します。

契約者 お父様(一時払い保険料を払います)
被保険者 息子さん
年金受取人 お父様

但し、契約者の年齢にも制限がありますので、可能な年齢であるという前提です。
息子さんとは、お父様のお孫さんでしょうか?

契約後、年金受取前にお父様にもしものことがあった場合は、契約者死亡で契約者変更し、次に契約者となった人が「契約の権利」を相続することになります。その評価額はその時点での解約返戻金相当額です。

契約者 息子さん
被保険者 息子さん
年金受取人 息子さん
にします。
法定相続人が相続した場合は、保険金の非課税枠(500万円×法定相続人数)が使えますが、息子さんだとお孫さんなので、法定相続人ではなく、これは使えません。

年金が開始されたあとにもしものことがあった場合も、上記のように契約者変更をしますが、この時の評価額は年金受給権の評価額で、終身年金か確定年金かで評価方法は異なりますが、相続財産としては圧縮効果があります。

お父様が保険金を支払い、ご自分が契約者で年金に加入し、ある時期から年金をもらい、でも、いつかは相続があるとして、その時に年金自体は被保険者が生きていれば続きます。それを契約者変更で引継ぎ、更に評価額で相続財産を圧縮するという方法です。
保険は、被保険者以外は途中で変更できる商品なのです。

ただ、将来的に税制が変わった場合はこの方法は使えなくなる可能性もあります。
参考になさってください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人年金保険と確定拠出年金 たかとらさん  2014-05-14 16:11 回答1件
個人年金保険解約について natsu2206さん  2016-07-28 17:49 回答2件
個人年金保険を薦められています ryu4690さん  2015-09-10 20:26 回答2件
個人年金保険 Naoki7さん  2012-03-12 00:18 回答1件
個人年金 lucky1さん  2011-05-29 17:56 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)