扶養について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養について

マネー 年金・社会保険 2009/02/01 14:30

こんにちは。
今週、5か月勤めていた会社退職しました。
今後も働くつもりではいるのですが、正社員ではなく派遣かアルバイトにする予定です。

今回質問したいのは、扶養に入るか入らないか迷っているからです。
下記についてアドバイスいただけませんでしょうか。

・今後もフルタイムで仕事をするとなると、年収が扶養控除の範囲からは確実に外れる
→収入は多いほうがいいのでそれ自体は問題ないが、仕事がすぐに決まるか、決まっても不要範囲内で収まってしまうくらいしか稼げない可能性もある(妊娠など)

・最初に勤めていた会社で企業型確定拠出年金に入っていて脱退一時金(20万円弱)を受け取りたいので、仕事が決まるまでの間、一旦扶養に入りたい
→期限が2009年11月末までなのでできれば受取っておきたいが、もし扶養に入ってすぐに仕事が決まって扶養からはずれることになった場合、主人の会社に手を煩わせてしまうことになる


こういう状況ですが、無職期間中の保険・年金支払い、脱退一時金受取期限のことを考えて今は扶養に入っておいたほうがいいのでしょうか。

ちなみに、前職は社会保険を完備しておらず、雇用保険のみでした。
なので、私は現在国民健康保険と国民年金に加入しています。(年収の問題で扶養から外れるため)
扶養に入るためにはどのような手続きをとればいいのでしょうか。
また、再度扶養から外れるときはどのようにすればいいものなのでしょうか。

無知ですみませんが、ご回答をよろしくお願いします。

凛♪さん ( 愛知県 / 女性 / 25歳 )

回答:1件

吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

扶養の条件を超えるお仕事に就かれるようお勧めします

2009/02/01 20:48 詳細リンク

凛♪様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

社会保険の扶養の条件は、申請後の収入が年間130万円未満、1月当たり108,334円未満、失業給付基本手当日額3,562円の全ての条件を満たしていることが必要になります。

前職では、扶養外のご収入が合った由、上記範囲で留めるには、かなり収入減になるのではないでしょうか。

1.現況、正社員でも収入減が予想されていますし、景況が一段と悪化すれば雇用の不安定さも増します。その様な環境ですので、リスクを低くするためにはお二人の収入確保が望ましいものと考えます。

2.お子様を得る前のダブル・インカムの時期は、最も貯蓄が出来るステージです。将来に備える為の貯蓄額の増大をお勧めします。

3.社会保険の扶養はご承知の通り、申請後の収入が対象になります。
従いまして、ご妊娠後フルタイムで働けなくなった際に、ご主人の会社に健康保険の加入を申請されては如何でしょう。

以上 1.2.3の理由で、扶養の条件を超える仕事を探されるようお勧めします。

扶養に入るには、ご主人の会社に申請書を提出します。また扶養から外れる際もご主人の会社に届出書を提出します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

世帯分離について教えて下さい 梓さん  2010-06-12 11:07 回答2件
扶養について さくまろさん  2010-10-19 20:12 回答1件
扶養から外れるタイミング chocolatさん  2007-10-12 19:57 回答2件
結婚後の妻の扶養について知りたいです! タノスケさん  2008-10-19 01:10 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

お気軽!無料メール相談

気軽にお金のプロに相談をしてみよう!

田中 佑輝

アルファ・ファイナンシャルプランナーズ

田中 佑輝

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

非上場株式売却の節税相談

上場株式だけでなく、非上場株式にも節税方法はあります

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)