住宅ローンと開業資金の貯蓄のどちらが先か? - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

住宅ローンと開業資金の貯蓄のどちらが先か?

マネー 家計・ライフプラン 2009/01/09 16:37

どちらに相談すればいいのかわからず、
質問させていただきます。
現在35歳の夫、私(専業主婦)、子(2歳)の3人家族です。(来年あたり2人目を考えています)

5年後ぐらいに主人が開業(医療関係)を希望しており、その資金(約1500万)を貯金できるまでは家は建てないと
言っています。(現在700万ほど貯蓄)

しかし私としては現在の低金利と住宅ローン減税、また来年から子どもが幼稚園に入る事を考えると先に家(私の両親との二世帯を考えています)を建てたほうがいいのではと
思ってしまいます。

また家の金額のほうが大きいので、年齢の低いうちにローンを組んでおいたほうがいいのかなと素人考えで思っています。ただ4月から夫が職場を変わるため、ローンが組めなくなる
可能性があり、3月までに契約したほうがいいのかとも
思ってしまいます。

お手数をおかけしますが、お知恵を拝借できれば幸いです。
よろしくお願い致します。

補足

2009/01/09 16:37

現在賃貸住宅で家賃は駐車場代込みで約10万円払っています。
また二世帯住宅は私たち支払い分は4500万ほどを予定しています。

taamama1978さん ( 愛知県 / 女性 / 30歳 )

回答:6件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅と開業について

2009/01/09 18:32 詳細リンク

こんばんは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

5年後に開業を考えているのであれば開業資金の貯蓄が優先かと思われます。
開業して軌道にのるまでは大変ですので、資金の余裕はほしいですね。
開業しなくてもかまわないのであれば住宅を立ててもいいでしょう。

両方を叶えたいのであれば、事業計画と資金計画を至急立てて検討しないとなりません。
また、住宅資金、事業資金はどのような条件だと貸してくれるのかもしらべたほうがいいでしょう。
住宅資金の自己資金の目安は物件価格の3割です。また、基本的には同じ職場で3年以上勤務ですが、同じ職業でステップUPのための転職でしたら借りられる可能性はあります。
また、フラット35などは1年でも大丈夫です。

事業資金については借入先により条件が違ってきます。
金利が低いのは、日本政策金融公庫などが金利が低いですね。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

優先順位の件

2009/01/09 20:39 詳細リンク

taamamaさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

5年後に予定している開業のための資金を優先させるのか、あるいは、開業よりも先に二世帯住宅を建ててしまうのかにつきまして、どちらを優先させるのかの決定はご夫婦で話し合っていただいたうえで、決定していただく以外に解決方法はありません。

ただし、住宅ローン控除や低金利など、目先にとらわれて慌ててどちらにするのかを決定することだけはおすすめできかねます。

今から慌てて住宅を建てたとしても、いい結果にはならないと思います。

住宅購入にあたっては、低金利や住宅ローン控除などよりも、頭金をしっかりと貯めて住宅ローンをできるだけ組まないで済ませた方が、ローン利息を支払わなくて済む分、はるかに有利となります。

また、私の会員の方の中にも医師の方が何人かおりますが、1,500万円ほどならばあと800万円となりますので、5年も待たなくても数年で貯められます。

二世帯住宅も独立開業のどちらも将来の大事なライフイベントとなりますので、この機会にご主人様ともじっくりと話し合ってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

優先順位は開業資金の貯蓄です。

2009/01/09 21:59 詳細リンク

taamama1978 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

開業資金を優先されるようお勧めします。

理由は
住宅ローンは借金であり、長期間リスクを負い続けるものですから、開業という大事を控えている場合には、避けるべきものと判断します。

開業当初は資金が不足勝ちですし、当面は利益が出ないこともあり、資金需要は極めて高いものになります。
その様な際に、借入金返済という支出があれば、資金が幾らあっても足りません。
また、医療器具のための再度の設備投資も必要になることもあります。

従いまして、開業後黒字の見込みが立つまで、住宅のための借入はお勧めできません。

開業後順調に黒字化すれば、何時でも住宅は建てられるものと推察いたします。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

夢をもう少し具体的にしてみる。

2009/01/10 10:00 詳細リンク

taamama1978さんへ
おはようございます。ファイナンシャルプランナーの上津原です。

まずは、ご主人の開業資金について。
700万円をすべて事業資金に充てるとしても、あと800万円です。5年後ということであれば、毎年160万円の貯蓄が必要です。
1500万円といっても、借りるところの敷金や設備費用も含めて1500万円なのでしょう。内容をもう少し精査してみる必要がありそうです。設備にはリース契約で分割払いにできるものもあります。金利や維持管理コストの分支払い金額は高くなりますが、初期投資は少なくすることができます。

次に、マイホームと住宅ローンについて。
給与所得者のほうが、開業医よりも住宅ローンは借りやすいといえます。今は金利がかなり低い時ですので、お金を借りるのには有利だといえます。
但し、そのような家を建てるのか、開業時に自宅で開業するのかなどによって、予算も大きく変わってきます。二世帯住宅ということであれば、親子間のコミュニケーションのとり方によって台所・玄関などの間取りも変わってきます。だから、お金のことよりも、どんな家を建てたいのかが優先順位が高いといえます。
住宅ローンについては、今と同じ内容の仕事・年収であれば、必ずしも転職が不利にはなりません。金融機関の方とよく相談してみましょう。

夢をもう少し具体的にしてみませんか。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンと開業資金の貯蓄のどちらが先か?

2009/01/10 10:48 詳細リンク

こんにちわ、独立系FP会社、FPコンサルティング[[http://www.fp-con.co.jpの岡崎です5年後に

一般的には開業を絶対するという目標があれば貯蓄が優先でしょう。
しかし1978さんはご自宅を考え優先されたいようでね。
ここはご主人としっかりと話し合いが必要だと思います。どうしても男性は夢を求めてしまいますので。開業には家族の協力が必要です。

開業した場合、家を買った場合などシュミレーションされてはいかがでしょうか。そのシュミレーションを元に一緒に話し合いをされて最適な方法を探しましょう!

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり


ファイナンシャルプランナー

- good

急ぐ必要はないでしょう

2009/01/09 18:16 詳細リンク

taamama1978さん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

taamama1978さんのお気持ちもよくわかりますが、ご主人の開業資金をためるまでは家をもたないというのもごもっともです。

先に家を建てると、開業できる地域が限定されませんか?
または店舗兼住宅という選択もありますね。
どこで開業するかというでその後の収入も違ってきます。

ご相談いただいた方でやはり同じような状況の方がいらっしゃいました。

何が大切かを考えてみるといいでしょう。
家を持つことと開業してからの収入
収入がないとローンも返済できませんよ。

確かに今は低金利ですし、転職するとしばらくはローンが組めないかもしれませんが
急ぐ必要はないと思いますよ。

しっかりと話し合ってから、納得の上で購入を考えましょう。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

子供の養育…ライフプランに不安があります。 ansandareyaさん  2015-10-30 19:06 回答3件
定年まで単身赴任で老後の資金計画は? 心配性なんですさん  2009-02-04 01:56 回答6件
育児休暇中のやりくり よっさん★さん  2007-09-18 16:09 回答2件
2人目の子供は難しいでしょうか さくらぎさん  2016-01-30 00:10 回答1件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マネー相談

教育費・年金・資産運用・住宅購入・相続などに関する面談

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

辻畑 憲男

株式会社FPソリューション

辻畑 憲男

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

支出を減らし貯蓄ができる家計診断(家計診断書&提案書付)

過剰な支出がひと目で分かる家計診断を行いますので、今月からすぐに貯蓄ができるようになります。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)