生命保険の見直しについて - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

生命保険の見直しについて

マネー 保険設計・保険見直し 2008/11/04 04:38

46歳、単身です。今後病気・入院した場合、できるだけ親兄弟に負担をかけたくないため保険に入りました。

A.1年半前、某生保の「5年ごと配当付終身医療保険」80歳払済 に加入(転換)しました。
保険料は年13.5万(主5.5万/特約8万)です。
【主】C型 終期終身 保険料55千
入院給付金(災害・疾病・女性特定疾病)支払限度60日. 給付金(手術・手術後集中治療・放射線治療・死亡)
【5年ごと配当付特約】終期10年
逓減定期保険特約(保険金額2400万)
特定状態収入保障特約(年金額60万・支払期間5年)
【特約】終期10年
女性特定治療特約D 給付100万
【その他特約・特則】
リビングニーズ・保険料払込免除(H13)・代理請求・転換・口座振替・高額割引に関する高額判定

B.その他の保険(払済)
郵政公社時代に加入した普通養老保険(災害・疾病特約付)49歳で満期になります。
同「特別終身保険(300万)特約:災害300万・疾病障害入院300万」

B保険は継続したいと思っていますが、A保険について(今となっては)書面を見てもよくわからない状態です。
49歳でなくなる医療入院保障について、今のA保険のままでよいのか、それにかわる保険があるのか・・・アドバイスをよろしくお願いいたします。

tamako2525さん ( 兵庫県 / 女性 / 46歳 )

回答:8件

釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

保険見直しクリニック

2008/11/04 08:31 詳細リンク

tamako2525 様

ご質問をいただきましてありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャル・プランナーの釜口です。
よろしくお願いいたします。

詳しく保険証券の内容をお書きいただきありがとうございます。

保険見直しクリニックスタートします。
A、せっかく確保された保険ですが、1年半前の転換ですから、良い転換ではありません。
転換につきましては、過去の私のコラムをご参照下さい。
http://profile.allabout.co.jp/pf/bys-planning/column/detail/15468
保険加入の目的が医療保障ということですから、平均寿命が長い女性の場合は、終身医療保険をなるべく短期間で払い終る商品をご選択いただいた方が良いかと思います(総支払保険料が安くなるからです)。

例えば、女性疾病特約が付加された商品でオリックス生命のCURE-Ladyや損保hジャパンひまわり生命の健康のお守りなどを選択肢に入れられたらいかがでしょう。

Bにつきましてですが、加入されたのはいつでしょうか?
それによっては、この保険を継続する形で保険料を払込なしに、満期保険金や終身保険を確保する裏ワザが使えるかもしれません。⇒「払済」
払済につきましては、過去の私のコラムをご参照下さい。
http://profile.allabout.co.jp/pf/bys-planning/column/detail/14513


不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.bys-planning.com/

よろしくお願いいたします。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

医療保険について

2008/11/04 08:47 詳細リンク

こんにちわ、FPコンサルティング岡崎です。

確かに独身ですと医療保険を重視するのはよいですね。
まずはA保険について書面を見てもよくわからない状態というのは、ちょっと心配です。一度専門家にも見てもらったほうがよいのではないですか?です。
49歳でなくなる医療入院保障はできれば終身がいいでしょうが、A者が終身なので、もうひとつを10年更新にするという方法もあります。メリットは保険料が10年間は安いですし。そのの間に貯蓄を形成して貯蓄で医療をカバーするという方法もありでしょう。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

必要な保障を考えてみましょう

2008/11/04 11:19 詳細リンク

はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの宮里と申します。

そうですね。
主契約が入院給付金に特約で、死亡保障や、女性疾病などがついている保険のようですね。
死亡保障は、葬儀費用ぐらいでいいと思いますし、まだ加入して1年半しか経っていないので、見直す価値はありそうです。

もう一度、必要な保障を見極めて、それから必要な保険を検討しましょう。
そのうえで、今のAの保険と、新たな保険といろいろ見比べてみたらいいと思います。

入院した時は、高額療養費制度や傷病手当金(私のコラムをご覧ください)などがあるので、これを考慮に入れて収支を出してみたらいいと思います。
また、保険外診療などに対応したがん保険などもご検討されてはいかがですか?

葬儀費用程度の終身保険と、終身保障の医療保険、がん保険などにシンプルに加入されたほうがいいかもしまれんね。

保険は万能ではないので、最低限の保障と、あとは貯蓄で対応することも大事なことです。
無駄な保険料を払うことのないように、一度、お近くのファイナンシャルプランナーか、私も、保険の見直し相談をしておりますので、よろしければ、お問い合わせくださいませ。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

生保見直しの件

2008/11/07 10:22 詳細リンク

tamako2525さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『49歳でなくなる医療入院保障について、今のA保険のままでよいのか、それに変わる保険があるのか...』につきまして、tamako2525さんが今加入している生命保険では死亡保障がメインになっいて、その特約として医療保障がついている状態となります。

保険に加入する目的が死亡保障ということでしたら今のままで構いませんが、tamako2525さんが書いているとおり医療保障ということでしたら、加入する保険が違っています。

医療保障を目的として加入するのでしたら、終身型の医療保険を選ぶようにしてください。

尚、医療保険に加入する場合、病気などになってしまうと加入できる保険が限られてしまったり、年齢が増すに従い支払い保険料が高くなってしまいますので、できるだけ早い時期に見直しをすることをお勧め致します。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

大筋はいいと思いますが・・・・

2008/11/04 07:44 詳細リンク

はじめまして、tamako2525さん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。

医療保険については、主契約は終身保障にされているので良いと思いますよ。また女性疾病にも終身で対応できていますね。

ただ、特約の定期保険は必要でしょうか?

別の保険でも死亡保障は準備されていますし、独身の方でしたら万が一の死亡の時には、資金面で困る方は居ないと思います。

主契約にいろんな特約が付いてくると、その保険が分かりづらくなりますよね。

他の保険でも、簡素化した医療保険もあります。

今後のtamako2525さんが不安に思われるものを確認しながら保障を見直すのも良いでしょうね。

保険の内容を確認するためにも、FP事務所などで証券診断をされて、保障内容を把握されてから保障や特約を見直し、残すかどうかを判断された方が良いと思います。

全て見直す場合でも保険を取り扱っているFP事務所では、他の商品を提案してもらえると思いますよ。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

健康状態で見直し方法が異なります

2008/11/04 07:46 詳細リンク

tamako2525さん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

A保険の主契約の終身医療保険の保障額はいくらでしょう?
また、保険料の払い込みが80歳までのようですね。できれば年金生活になってからの負担を考えると60歳、または65歳払い込みのほうが安心です。

特約に関しては死亡保障がありますが、万が一の場合の遺族への家計負担がなければそれほど必要ないでしょう。
できれば葬儀費用の300万円程度を別に終身で準備したほうがいいのではないかと思います。
(B保険の死亡保障は満期で終わってしまいますね。)

健康状態に問題がなければ、終身保険と終身医療保険に入り替えるといいと思いますが。
またがんの場合は負担が高額となりますので、別途がん保険を考えたほうがいいでしょう。

介護状態になったときに備える介護保険などもあります。
貯蓄がある程度あれば必要ないかもしれませんが、それがなければ保険で備えることも考えましょう。

保険の見直しを考える際は貯蓄額やどこまで保険に頼るかによって異なりますので個人的にご相談されるといいでしょうね。

健康状態に問題があるようですと、A保険の特約を減らす方向で
問題がなければ新たに入りかえる方が希望に合った保障を確保できると思います。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2008/11/04 08:12 詳細リンク

tamako2525さん、こんにちは。フォートラストの大関です。

確かにA保険は、解り辛いかも知れませんね。
「転換」で、必然的にこのような形になってしまったようですね。

つまり、tamako2525さんのニーズではなく、「売り手側の論理」での
商品設計ということになります。

扶養家族が居ないようでしたら、期間限定の大型保障ではなく、
「最低限の一生涯保障」を中心に組み立てるべきと思われます。

Aは、払込満了年齢が「80歳」だから安いのですが、できれば
払込満了年齢は「60or65」歳にしておいた方がいいでしょう。

それから、親族に迷惑が掛かるのは、「死亡」時だけではありません。
命を落とさないまでも「介護状態」になった時の方が周りは大変です。

そういう意味においても、保険は、目的に合わせてシンプルに入っておきたい
ものですね。

私のコラムをご参照下さい。
↓↓↓

(終身介護保障保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28426


以上、参考にして戴けたら幸いです。


生命保険の見直しについて(ご回答)

2008/11/04 08:14 詳細リンク

tamako2525さん

こんにちは。はじめまして。
広島のFP、プロ・サポートの西村 浩樹です。
ご質問ありがとうございます。以下ご回答させていただきます。
>今後病気・入院した場合、できるだけ親兄弟に負担をかけたくないため保険に入りました。A保険について(今となっては)書面を見てもよくわからない状態です<
保険を検討する上で、保険の加入目的を明確にすることは大変重要です。保険の最大の加入目的は、''いざというときにお金に困らないため''です。tamako2525さんの仰られるとおり''入院の保障(医療保障)''目的に加入されるとことはいいと思います。

ただし現在の保険には、それ以外の保障がいくつかついています。これらは、tamako2525さんが''万一の場合の保障(死亡保障)''であり、しかも10年更新といって更新ごとに保険料がアップするタイプです。tamako2525さんが万一の場合、親御さんに負担をかけたくないということでしたら、葬儀費用として300万円程度の''終身保険''にしてください。

あとは、保険料の払込み期間が80歳までと長すぎます。65歳からの年金生活で年間13.5万円の負担は大変です。

tamako2525さんの健康状態が良好なら、終身型の医療保険(給付日額5千円、65歳払込み)で月額約4,800円です。これに上述しました葬儀費用としての終身の死亡保障250万円をつけても月額約9,900円です。

以上、tamako2525さんのご参考になれば幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険の見直しについて(定期or終身) 職員999さん  2009-12-15 00:08 回答4件
保険の見直しについて sandalwoodさん  2008-11-12 09:50 回答5件
保険の内容の変更方法について チェスさん  2014-07-07 11:42 回答4件
保険見直し中のアドバイスをお願いします mikenekosさん  2013-01-31 12:06 回答1件
保険の見直しについて質問させてください 小夏さん  2008-06-27 09:21 回答9件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)