海外赴任の際に - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

海外赴任の際に

マネー 年金・社会保険 2008/10/14 14:50

11月より香港に駐在します。そこで今までの健康保険、
厚生年金、厚生年金基金及び所得税、住民税は如何様に手続き変更すればよいのでしょうか?
海外転出届けを香港にて提出し、日本での住民籍を抜いた際に日本ではそのまま健康保険、厚生年金を払い続けた方が将来的に良いのでしょうか?
また、所得税の支払いは香港にて払うかと思いますが、
会社からは全て個人負担といわれております。他の企業もそうなのでしょうか?
物知らずで恐れ入りますが、詳しく教えてください。
よろしくお願い致します。

hirock-tさん ( 千葉県 / 男性 / 31歳 )

回答:2件

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

海外赴任の保険、年金、税金について

2008/10/15 08:22 詳細リンク

こんにちわ、FPコンサルティング岡崎です。

上場企業や国際機関の公務員の顧客も多いので、よく相談される質問ですので、簡単ですが回答いたします。
下記は一般的なもので、会社によっては現地通貨や日本円での支払い、福利厚生の取り扱いが異なるので、まず会社に海外赴任マニュアルがあるはずですので、それをじっくりご覧ください。
下記は一般的なものです。
海外に勤務になったときは、日本の企業に在籍し、給与が日本の会社から支払われる場合は、そのまま健康保険、厚生年金保険の被保険者になります。しかし、海外に勤務するにあたって、現地法人に籍をおき、給与もその法人から支払われる場合には、日本の企業に使用されている実態がないと判断されて健康保険、厚生年金保険の被保険者になることはできません。

税金に関しましては、原則は出国して1年以上海外で勤務する場合は、非居住者となりますので、所得税、住民税はかかりません。ただし公務員は例外となっています。
(最初から1年以上海外に勤務すると見込まれる場合は、最初から非居住者となりますので、出国時に年末調整をおこない、国内の給与所得は清算することになります)
住民税は日本の住民でなくなるので、住民税はかかりませんが、住民税は1年遅れになっていますので、現在払っている住民税は昨年分のもので、この分についてはすべて支払わなければなりません。住民税については、自治体によって取扱いが若干違う場合がありますので、詳しくはお住まいの市区町村にお問い合わせください。

恐らくこれらすべてマニュアルがあるでしょうから、じっくりと確認してください。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


海外赴任について

2008/10/14 16:16 詳細リンク

はじめまして、hirock-t様。
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの牛尾理です。

年金・健康保険について
自身で選べるものではありません。以下のようになります。

日本企業の支社に海外赴任の場合で、日本企業から給与をもらうのであれば、日本の厚生年金保険(基金)・健康保険に引き続き加入することになります。被扶養配偶者もそのままです。

海外の現地法人に勤務する場合は、現地の年金制度に加入するか、任意で日本の国民年金に加入します。任意加入しない場合、海外在住期間は合算対象期間になり、金額には反映しませんが受給資格期間としてカウントされます。加入手続、保険料納付は日本の親族を通じて行うか、日本国民年金協会を通じて行います。健康保険は現地の制度に加入します。香港の場合は、日本との年金の2国間協定がなく、場合によっては二重加入になるおそれもあります。

税金について
出国までに国内勤務で得た給与は、会社で年末調整の手続をしてもらってください。国外転出届を出すと、所得税は出発時から、住民税は翌年6月から納付義務はなくなります。海外勤務で得た給与は日本国内では課税対象外です。詳細は税務署でご確認ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

扶養と雇用保険について UNGRID05さん  2013-02-02 22:56 回答1件
退職する母の保険加入について。 timoさん  2009-02-09 11:04 回答3件
8/27付けで退職しています ekuboonさん  2013-09-11 14:58 回答1件
税金全般について RANKOさん  2012-12-09 12:10 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)