養老保険 解約か継続か迷っています - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

養老保険 解約か継続か迷っています

マネー 保険設計・保険見直し 2008/05/20 12:47

父が私を被保険者として現かんぽ生命の「普通養老保険」に加入していましたが先日亡くなりました、
名義を変更して継続するか解約するかで迷っています。

保険期間10年(50歳満期)保険金額350万円で災害特約・入院特約などが付加されています、毎月の保険料は基本契約30590円 特約保険料2835円 合計33425円です。
すでに70ヶ月払い込んであり残り4年2ヶ月(50ヶ月)です、今解約すると払い戻し金は207万円程のようです、
窓口では継続を勧められましたが毎月の支払いが大きく
自分でも入院保障1万円の医療保険(死亡は加入していません)と主人の生命保険の家族特約で死亡250万入院3000円に加入しているため継続か解約か迷っています、
アドバイスよろしくお願いいたします。

maroncakeさん ( 福岡県 / 女性 / 46歳 )

回答:10件

宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

2 good

このまま続けても元本割れです。

2008/05/20 13:28 詳細リンク

はじめまして。ファイナンシャルプランナーの宮里と申します。

基本契約の、30590円×70ヶ月で、214万ぐらいですよね。
解約金が207万とすれば、7万ぐらい元本割れするぐらいです。

また、このまま頑張って続けたとしても、30590円×120ヶ月で、367万ぐらい、満期の350万を考えれば、これらも、元本割れですよね。

医療保険にも、入っていらっしゃるようですので、養老保険は、解約されてはどうでしょうか?

無理して続ける意味もないように思いますが・・・・

また、何かありましたらお問い合わせくださいね。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

- good

有効に活用してみてはどうでしょうか?

2008/05/20 14:04 詳細リンク

maroncakeさんはじめまして。
ファイナンシャルプランナーの照井博美と申します。

お父様の件、大変でしたね。 ご冥福をお祈り申し上げます。

50歳満期の養老保険に入られていたということは、きっとお父様は、
maroncakeさんが今後生きていくための資金を残してあげたいと思われたのでしょうね。

加入時期はおそらく平成14年頃かと思いますが、残念ながら、
予定利率はあまり高くはなく、主契約分のみで計算しても、元本割れしていますね。

あと50ヶ月続けて満期金額を受け取るメリットはあまり感じられないように思いますし、
保険料の支払がご負担に感じられるようでしたら、お父様のせっかくのお気持ちを
無駄にしないよう、なるべく有効に活用することを考えられたほうがよいのではないでしょうか。

お仕事をされているのか、お子様がいらっしゃるのか、などの状況などにもよりますが、
家計に占める収入の寄与度があまり高くはなく、死亡保障はお葬式代程度でよい場合、
今後その207万円には手をつけなくても大丈夫ということであれば、その解約返戻金を使い、

●40年後のインフレにも対応できる終身保険を確保する

●老後資金用に運用する

●maoncakeさん用の医療ファンドを作る

など、が考えられると思います。

ある程度換金性のあるものできわめて低リスクの運用をした場合、仮に1%の運用が
できたとすれば、医療にお金がかかる心配が高まる、20年後の66歳時には
207万円が252万円になりますので(2%運用なら307万円)、66歳までは現在の
日額1万円の医療保険をお持ちになり、66歳時には入院してもしなくても、
制限なく医療に関する出費がカバーできる252万円があるわけなので、
仮に現在の医療保険が終身払いの場合、日額を1万円から5千円に減額すれば
年金生活になったときの保険料が約半分になりますね。


いずれにしても、ご家庭の今後40年程度のライフプランを見据えたうえで、
弾力的に考えていかれるとよいかと思います。

回答専門家

照井 博美
照井 博美
(岐阜県 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスシノワ 
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。ご家族が思い通りに人生を送れるように、お客様の価値観・思いをまずしっかり聞き取ることを一番大切にしています。 人生の良き伴走者としてのFPを目指します。

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

養老保険について

2008/05/20 14:06 詳細リンク

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

養老保険についてですが、特に保険が必要ないのであれば現状貯蓄にはなってないため解約してもいいと思います。
そして、解約返戻金の運用方法を考えたほうがいいですね。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

養老保険の件

2008/05/21 12:19 詳細リンク

maroncakeさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『継続するか解約するかまよっています、』につきまして、現在、医療保障は別の保険で確保されていますので、養老保険の特約部分は解約してもよろしいと考えます。

次に、支払い保険料の総額と受け取れる満期保険金額とを比較していただいて、満期保険金額よりも支払う保険料の総額の方が多くなってしまうようでしたら、すぐに解約してもよろしいと考えます。

尚、養老保険の基本契約分につきまして、大まかにに計算してみましたが、満期まで続けてもあまりメリットはないかも知れません。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

継続するメリットはないようです。

2008/05/20 14:38 詳細リンク

maroncakeさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

お父様のことお悔やみ申し上げます。

死亡保障、医療保障ともに必要ないのであれば無理して継続する必要はないでしょう。
満期まで継続すると飛躍的に受取金額が増えるわけでもないようですから。

解約してご自身の老後資金として運用されてはいかがでしょう。

200万円を5%で15年運用できれば415万円になります。

投資信託で分散投資してみるといいですね。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます。

2008/05/20 16:07 詳細リンク

maroncakeさん、こんにちは、フォートラストの大関です。

もう、この養老保険の役割は終わったと解釈するのが適切だと思われます。

続けた方がいい理由として

・4年後の満期時に満期保険金350万円の明確な使途がある
・まあまあの利回りが確保できている
・これから新しく保険に入れない状況である

というものが挙げられますが、maroncakeさんの状況は違いますよね。


この先の手順として、2つを提案致します。

1.解約をして、老後資金の積立に充てる

2.払済処理(簡保養老では料済とも言う)し、薄い終身保険に加入し、
負担に余裕を持たせる

<理由>払済移行であれば、特約がなくなっても、返戻金はブロックされ
満期まで留保される(ほんの少しだけ+αが付きます)
maroncakeさんの生涯保障の確保がされてませんし、終身保険で
老後保障を一部カバーできるため


以上、是非参考にしてみて下さい。

山本 俊樹

山本 俊樹
ファイナンシャルプランナー

- good

解約をお奨めします

2008/05/20 23:13 詳細リンク

シルバーバックの山本です。

結論から申し上げて、解約したほうがいいと思います。
理由としては、まず加入時の予定利率は決して高いものではなく、今後続けても運用として有効な手段とはいえません。
また、生命保険としての役割も、maroncakeさん自身が家計を支えているのであれば必要だと思いますが、(この場合でも他の生命保険を検討した方がいいのですが)それない限り必要ないでしょう。
解約して、将来のための運用を始める事をお奨めいたします。
さらに、解約金を将来の医療の目的とするのであれば、現在加入している医療保険も日額5千円程度に減額してもいいのではないでしょうか。


絶対に解約です

2008/05/20 14:36 詳細リンク

こんにちは maroncakeさん。

コンサルタントの若宮光司です。

すでにほかのFPさんたちが回答しているとおり、絶対に解約すべきです。

あえて、絶対にと言わせてもらった理由は、

1.maroncakeさん自身が自分の死亡保障の必要性を感じていない。
2.簡保の特約もすでに保険会社で保障されて必要性を感じていない。
3.今後の簡保保険料の支払に対して負担に感じている。
4.現在解約して元本割れが約7万円である。
5.解約金207万円をうまく運用すれば今後の支出なしで老後生活資金が形成できる。
(年利7%複利で運用すると10年後には407万円になっています)

長期投資、分散投資の視点で運用先を検討してみてください。


RE 養老保険 解約か継続か迷っています

2008/05/20 23:17 詳細リンク

毎度、おおきにの大阪からお答えさせていただきます。

きっとお父様は自分の残した保険のことで、無理に支払い続けることは願っては
ないのでしょうか、解約されてハッピーなことに使ってみては。

養老保険は昔から愛情が見え隠れする保険です。
保障よりもmaroncake さんのためにお金を貯めとこうと思って加入されてたかもと
思われます。

満期になっても保障部分がある理由もあり、払込保険料より減ってしまいます。
自身で加入されてることも考慮され、解約されてもいいんではないでしょうか。

私の話が少しでもお役にたてれば幸いです。


郵便局に確認してみてください

2008/05/22 13:27 詳細リンク

maroncake様

30590円×70ヶ月=2,141,300円を基本契約で払い込んでいます。

特約はそもそも掛け捨てですから、解約返戻金に反映されません。


つまり、214万円納めて解約すると207万円返金というのが現状ですね。


そこで、今解約すると7万円の「損」なのですが、

「払い済み」をするといくらになるのかということです。


「払い済み」とは、今までおさめた金額をもって、

毎月の払い込みをストップさせ、満期の時期まで据え置くという方法です。


一般的に、解約の金額より「払い済み」の金額の方が多くなりますので、

満期まで据え置くことによって、元本割れを回避できることもあります。


デメリットとして、特約の保障内容が消滅するという点はありますが、

ご自身で医療保障は確保されているようなので、この点は問題ないでしょう。


郵便局に行って確認するのは、

「払い済み」にすると、満期保険金額がいくらになるのか。


これが、214万に近づくか、

あるいは越えるようなら今解約しないで据え置くのも選択肢になるでしょう。

元簡保マンのアドバイスでした。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

医療保険・がん保険の見直しについてお願いします くろこさん  2010-11-04 22:42 回答3件
生命保険の見直しについて tamako2525さん  2008-11-04 04:38 回答8件
初めての保険選び たくみんさん  2012-09-16 21:09 回答2件
保険見直しについてお願いします。 ティラミス☆さん  2009-05-27 15:47 回答6件
生命保険、個人年金の見直し のえりーさん  2009-01-04 14:21 回答7件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)